ジョギングは太ももの筋肉が太くなる?

ジョギングをすると太ももの筋肉を鍛えてしまい、足が太くなる原因になってしまう。これは正しい考え方でしょうか?それとも間違った考え方でしょうか?

ダイエットで効率的に痩せようとするなら、細い筋肉を鍛えるよりも大きい筋肉を鍛える方が基礎代謝のアップに貢献します。

例えば、基礎代謝は体の筋肉量に比例する部分もあるので、二の腕の細い筋肉を鍛えるよりも、太ももなどの太い筋肉を鍛える方が基礎代謝は上がりやすくなります。

人間の体の中で大きな筋肉と言われるのは、体幹部である背中と胸の筋肉、そして太ももの筋肉です。

ただし、足を細くしたい人にとって、太ももが太くなるのは、例え痩せやすい体を築けたとしても(足が太くなる)デメリットの方が大きいと考えるでしょう。

先に答えを言ってしまえば、ジョギングをしたくらいでは太ももが太くなるようなことはありません。

ましてや、女性は特に筋肉が太くなりにくいので、ジョギングをしたからといって足が太くなるような心配は不要なのです。

体の筋肉には2種類あり、1つはボディービルダーが鍛える速筋です。もう1つは、マラソンランナーが使う持久力に優れる遅筋です。

なぜ、マラソンランナーは42.195キロを何度も何度も走っているのに、あれほど細い足を維持できているのでしょうか?

それは、マラソンで鍛える筋肉が速筋ではなく遅筋だからです。遅筋は鍛えても太くなりません。だから、マラソンランナーの足は細いのです。

マラソンを繰り返しても太くならないくらいですから、一般のダイエッターがジョギングを毎日したくらいで太くなるわけがありません。

だから、ジョギングは安心して行ってください。

ここで、話を基礎代謝に戻すと、人間の体で大きい筋肉は体の体幹部(背中、胸、太もも)にある筋肉です。

ジョギングやウォーキング、水泳などは、これら体幹部の筋肉を使う全身運動なので、基礎代謝を効率的に上げる運動と言えます。

だから、効率的に基礎代謝を上げたいのなら、ジョギングやウォーキング、水泳などの全身運動を行うとよいでしょう。

逆に、腕立て伏せやダンベル体操、腹筋などのトレーニングは、ダイエット効果が高い運動だとは言えません。

体の中では小さい筋肉を鍛えるにすぎないため、基礎代謝を上げる効果もほとんど期待できないからです。

こうして考えると、筋トレよりも有酸素運動の方が基礎代謝を上げやすい運動と言えそうです。事実、基礎代謝を上げたいのなら、筋トレよりも有酸素運動の方が有利となります。

有酸素運動には肺の呼吸や心臓の脈拍など、全身を活性化させる効果があります。

基礎代謝は筋肉だけが有しているわけではありません。実は、体全体に占める筋肉の基礎代謝の割合は18%にすぎず、神経その他の19%よりも少ないのです。

ちなみに、脳も体全体の19%の基礎代謝量を占めており、筋肉を鍛えるだけで基礎代謝が大幅に上がる(大幅に痩せやすくなる)と考えるのは間違いです。

もし、基礎代謝を上げること(痩せやすい体を築くこと)を目的とするなら、運動と併用して酵素ダイエットを行うべきでしょう。

酵素は体のエネルギー代謝に欠かせない栄養素なので、酵素を補うことで体全体が生み出すエネルギー効率を上げることができます。

体の体幹部の筋肉を使う全身運動を行って基礎代謝を上げやすくした上で、酵素ダイエットを併用するとさらなる相乗効果を生み出せます。