ステッパーでダイエットを行うコツ

ステッパーという名前のダイエット器具をご存じでしょうか。初めて聞かれる方もいるかもしれませんが、よく見るあれです。

ダイエット器具の一つで両足を置くところがあり、片方の足を踏み込むともう片方が自動的に跳ね上がる仕組みになっていて、脚上げを補助的に行ってくれるものです。

このステッパーでダイエットを行うコツについてお話しします。

まず、ステッパーには負荷が変えられるタイプのものも多く存在しますが、どれほどの負荷にすればよいのでしょうか?

重ければ重いほど効果が得られると思っていませんか?

そうではありません。

適切な負荷は、脈拍を測ってみてください。20代なら120~140、30代は110~130、40代以上は100~120の範囲になれば適切です。

どんなに重い負荷をかけても、2分やってもうくたくた、では効果がありませんからね。

また、脂肪を減らす目的でステッパーを使う場合、30~45分続けるようにしましょう。休憩は長くても10分程度とし、適度な水分補給も忘れないでくださいね。

そして、効果的なステッパーを行うタイミングは、食事後ではありません。ちょっとおなかがすいたな、と感じる昼食前か夕食前です。

その理由は、適度な有酸素運動には食欲を抑える働きがあるからです。小腹がすいた時に運動をすれば食べたい気持ちを忘れられる、といった感じです。

何事も運動をする際には動かしている個所を意識することは大切です。

ステッパーでは、まず背骨と足の付け根を結ぶ大きな筋肉、大腰筋を鍛えることができます。これを鍛えれば背筋がピンと伸び、見た目の美しいスタイルを目指すことができます。

また、大きな筋肉なので、これを鍛えることで筋肉量アップ、基礎代謝アップにつながります。

(ただし、筋力アップによる基礎代謝の増加はわずかなので、基本は運動時の消費カロリーで痩せていく形になります。)

大腰筋を鍛えるには、ステッパーをただ踏み込むだけでなく、踏み込んだ足と反対側に体を傾けたり、体をねじったりすることで効果が得られますよ。

さらに、引き締まったふくらはぎや足首をつくるには、ステッパーを前のめりになって使ったり、ステッパーからおりて爪先立ちをしたりしてください。

痩せにくいといわれる下半身、ステッパーでばっちり鍛えましょう。