ダンベルダイエットは効果が低い

ダンベルによるダイエット方法について、根本的な痩せるしくみとダイエット効果の程度についてお話していこうと思います。

ダンベルなどを使ったダイエットは主に筋肉を鍛えて消費カロリーを上げる減量法になりますが、このやり方はあまりおすすめできるものではありません。

ダンベルダイエットを始めたばかりの方にとっては、ダンベルを使った筋肉トレーニングを行うと筋肉の張りを感じられると思います。

そのため、この調子でガンガン筋トレを行えば、筋肉を鍛えられて痩せる体を作り出せるという錯覚に陥りがちです。

しかし、それはただ単に感覚だけのものであり、実際にはダンベルダイエットの痩せる効果は大きくありません。

ダンベルで筋肉トレーニングを始めたばかりの頃に筋肉にハリを感じられる(筋肉に効いているような気がする)と思います。

しかしそれも単に、筋肉に乳酸がたまり筋肉が一時的に大きくなっただけなのです。

上に「一時的」と書きましたが、当然、しばらくたつと平常の太さに戻ります。乳酸によって膨張した水分は、しばらくたつと引いてくるのです。

言い換えれば、筋肉が一時的に太くなった現象は筋力が付いたわけではなく、一時的なむくみの一種だというわけです。

また、筋肉を増やすことによって代謝を上げるのは、実はダイエット方法として非効率なことです。

なぜなら、筋肉を1キログラム増やしても増える基礎代謝は1日当たり13kcalに過ぎないからです。

これは、せいぜい飴玉1個分の消費カロリーが増えたに過ぎません。

それに、筋肉を1キログラムを増やすためには、何ヶ月間もの歳月をかけなければなりません。なぜなら、一般人が1年間に増やせる筋肉はせいぜい2キロちょっとだからです。

よって、筋肉トレーニングで基礎代謝を上げた消費カロリーで痩せようとする行為は、あまりにも非効率なダイエット方法なのです。

しかし、ダンベルダイエットを始めとした筋肉トレーニングは、全く意味がないというわけではありません。

基礎代謝や体脂肪を減らす行為としてではなく、美しい体作りという観点からは意味のある行為だからです。

ダンベルダイエットで二の腕の脂肪を減らすことはできませんが、ぷるぷるしただらしない二の腕を引き締めて見せる効果はあります。

また、ほんのわずかでも基礎代謝が上がることは事実なので、わずかながらもダイエット効果の足しにはなります。

要は、ダンベルダイエットで消費カロリーを多少でもアップさせておいた上で、食生活におけるカロリー制限の徹底を意識すればいいのです。

カロリー制限によるダイエット方法で一番効果的だと言われているのが、酵素ダイエットです。なぜなら、酵素ダイエットはカロリー制限と基礎代謝アップを兼ねているからです。

普通は食事を抜いて摂取カロリーを制限してしまうと、筋肉の働きが低下してしまい、基礎代謝が下がってしまうという問題点があります。

しかし、酵素ダイエットは補う酵素によって基礎代謝を低下させることなく温存できます。基礎代謝が低下する原因の1つが、(食事制限などによる)体内酵素の不足だからです。

酵素ダイエットは一般的な食事制限の問題点を見事に解決した上で、安心して減量に励むことができるのです。

具体的な方法としては、食事を抜く代わりに酵素ドリンクを飲むというだけのシンプルな方法で十分。

誰にでもやる気さえあれば実践できるダイエット方法になります。

ダンベル運動でダイエットを今行っているのなら、酵素ダイエットを併用するとより効率的に痩せることができるでしょう。