加圧トレーニングの効果としくみ

加圧トレーニングは日本発であり、世界初のトレーニング方法です。

名前からしてちょっと大変そうだし、専門的すぎる…と敬遠しているあなたのために、今回は加圧トレーニングの真意とその効果、トレーニング法をご紹介します。

加圧トレーニングとは、腕や大腿の付け根を適切な圧力で締め付け、血流を制限した状態でその部分に負荷をかけるトレーニングです。

まずトレーニングする箇所に加圧し、軽い負荷をかけると毛細血管が細部まで活性化され、乳酸菌が溜まっていきます。

この状態を脳が察知すると、今度は体が成長ホルモンを分泌し始めます。

そして除圧、この後も成長ホルモンの分泌は頂点に達し、これにより普通に筋トレを行うよりも効率よく筋肉を合成していきます。

つまり、体をだまして、より短時間で軽い負荷で、高い負荷を掛けた時と同じようなトレーニング効果を得ることが加圧トレーニングの狙いです。

加圧トレーニングによる効果は、主に筋力アップが主なものです。

その他、血行の促進による美肌効果やアンチエイジング、回復力のアップなど、正しく行えばいろんな効果が期待できるでしょう。

それでは、どうやって加圧トレーニングをすることが望ましいか?

最近では、沢山の加圧トレーニング専門トレーナーがいるジムもありますし、こういったジムとトレーナーを利用するのが一番安全な方法です。

特に自分で何かダイエット器具を買ってもすぐほこりがかぶってしまう方、今回ばかりは本気の方、人に褒められることで俄然頑張る気力の出る方には、ジムへ行くことをおすすめします。

器具を買うよりは高いかもしれませんが、結局使わない器具にお金を出すよりはいいかもしれませんよ?

また、自己管理が好きで自宅でこつこつやってみたい、という方には専用の器具とハウツービデオなども販売されていますが、あまりおすすめはしません。

加圧トレーニングは無理に加圧したり、長時間加圧し続けると危険です。

とにかく、加圧トレーニングは事故が発生する可能性が高いトレーニング方法であり、自分でやると安全性を担保できません。

よって、加圧トレーニングをやりたいならジムに通うのが最適です。

加圧トレーニングは筋肉を効率よく増強させる筋トレの一種なので、純粋にダイエット効果(体脂肪を減らすこと)を求めているなら、有酸素運動の方が優れています。

腕や足の筋肉を太く増強したい場合に限って、加圧トレーニングは効果を発揮します。