腹筋ではお腹が痩せない

腹筋をしたけどお腹が全然痩せない…。あなたもお腹を痩せるために腹筋をしたことが一度はあると思いますが、実は腹筋ではお腹が痩せないのです。

なぜかと言うと、腹筋ではお腹の脂肪を減らすことができないからです。お腹周りの脂肪を落としたいから腹筋をやる、というダイエット方法は間違いなのです。

もちろん、腹筋では体重も減っていかないので、ダイエット方法の1つとして腹筋を行っているのなら、それは全くの無駄な努力とも言えます。

ダイエットを行なう上では、筋トレを含めた運動が必要だということは、ある一面では正しいことです。

しかし、筋トレがダイエットの主役とはなり得ません。あくまでも、筋トレはダイエットの脇役にすぎないのです。これは、腹筋にも当てはまります。

ダイエットで主役になるもの、言い換えれば、一番の要になるのは食事制限もしくは食生活を根本的に見直すことです。

これ(食事制限や食生活の改善)が無い限り、ダイエットが成功することはまずあり得ません。

つまり、食生活がそのままで、腹筋や筋トレなど運動ばかりを毎日どれだけやっても、決して痩せはしないのです。

痩せるためには腹筋よりもまず、食生活を改善することの方が重要なのです。

食生活を改める方法については、まずは間食を抜くことから始めてみましょう。これが一番ハードルの低い食事制限の方法です。

間食を抜けないのなら、間食をカロリーゼロのサラダに置き換えてみるのも1つの方法です。

それができたら、次に、ご飯の量を少しだけ減らすようにしてみましょう。ご飯の量を少しだけ減らす代わりに、おかゆやお茶漬けにするなどカサを増やせば満足感も高いです。

ダイエットと聞くと腹筋や腕立て伏せを必死に行い、ストイックな食生活を毎日送らなければいけないと考えがちでしょう。

しかし、最初からそれほど厳しくする必要は全くなく、まずは、ほんの少しのカロリー制限を成功させることから始めた方がよいのです。

簡単なカロリー制限に成功した後、さらに痩せるペースを上げたいのなら、その時に再度カロリー制限のペースを上げていけばよいのです。

人間の体は急激な変化を与えるとペースを崩してしまうので、ゆっくりと体を慣れさせながらダイエットを進めていくのがベストの選択なのです。

もし、最初から痩せるペースを少しでも上げていきたい場合、酵素ダイエットを取り入れるとよいでしょう。

酵素には体のエネルギー代謝の効率を上げる効果があるので、普通に食事制限をするより酵素ドリンクで置き換えをする方が体重が減っていくペースも速くなります。

お菓子類などの間食を酵素ドリンクに置き換えたり、朝食を酵素ドリンクに置き換えたりすると、カロリー制限も行えるので一石二鳥です。