サプリメントのダイエット効果を比較

サプリメントでダイエットをする場合、酵素のサプリメントが断トツで効果が高いと言えます。ダイエットなら酵素系のサプリメントが効果の面で信頼できるからです。

逆に言うと、酵素系以外のサプリメントはダイエットに効果がないものが多いです。

ダイエット系のサプリメントの効果は実際…

例えばダイエット系のサプリメントで有名なコエンザイムQ10やカルニチンなどは、公的機関で人に飲ませる試験を実際に行った結果、効果があったという事例は少ないです。

その他、ダイエット系のサプリメントでよくある事例が、便秘の改善を目的とした成分を密かに配合している事例です。

サプリメントの外包には「脂肪燃焼系」と書かれているにも関わらず、実際には便を出して体重を減らすことで、効果をごまかすタイプのサプリメントです。

中には正々堂々と「飲んだら便がドッサリ」と書いているサプリメントもありますが、ダイエットの効果に関して言えば、便を出して体重を減らしてもすぐにリバウンドします。

便秘改善の成分はセンナやキャンドルブッシュ(ゴールデンキャンドル)が主であり、実際にはこれらの成分は下剤を製造する時の原料と同一です。

ダイエット茶についても同じことが言えます。便を出す成分は上記の3つ(センナ、キャンドルブッシュ、ゴールデンキャンドル)です。

下剤の成分であるため、常用すると下剤と同じデメリットが発生します。具体的には下剤なしで自力の排便が不可能になる症状が出るということです。

酵素サプリメントの効果は?

酵素サプリメントの全てが優れた効果を持っているとは言えませんが、少なくともベルタ酵素サプリについてはダイエットの効果があります。

棟方盛彦(オズクリニック)が試験総括医師となり、日本臨床試験協会(JACTA)が実施するダイエット試験が行われました。

これはサプリメントではなく酵素ドリンク(ベルタ酵素ドリンク)に関する試験でしたが、酵素のダイエット効果を証明するという視点で大変興味深い内容でした。

試験の内容としては、被験者を2グループに分け、片方にベルタ酵素ドリンクを飲ませてもう片方に対照品(外観がベルタ酵素ドリンクと同じだが酵素を含まない液体)を飲ませたものです。

ベルタ酵素ドリンクは100ml当り142kcalですが、対照品は100ml当り70kcalです。

当然、低カロリーの対照品を飲ませたグループの方が痩せると思われました。

しかし、結果はベルタ酵素ドリンクの方が平均で体重が-4.4キロ。一方、より低カロリーの対照品は-0.5キロでした。

この差の約-4キロ分は、酵素の効果が体重を減らしたと推測されます。

このように、酵素は公的機関の試験でダイエット効果が実証されたわけです。

この結果は、「診療と新薬」という医学雑誌の2014年12月号に掲載されました。(1964年創刊の医薬論文・医薬情報を掲載する医学雑誌)

サプリメントより酵素ドリンクの方が良い

上記の試験はサプリメントではなく酵素ドリンクのものですが、ダイエット効果の実際も酵素サプリメントよりも酵素ドリンクの方が上だと言えます。

なぜなら、サプリメントのタイプよりも酵素ドリンクの方が酵素の含有量が多いからです。

サプリメントは粒が大きいと喉に引っかかるため、大きさには限度があります。また、一度に多量に飲むのも飲み込むのが辛いです。

そんな理由から、サプリメントでは意外と成分を多く摂取できません。(成分がそれほど多く含まれていません。)

もし酵素ダイエットで結果を出そうとするのなら、濃い酵素が含まれている酵素ドリンクをおすすめします。

また、市販の酵素ドリンクの中ではベルタ酵素がおすすめです。

その理由は上記の通り「診療と新薬」という医学雑誌にダイエット効果を取り上げられるほどの製品だからです。

ベルタ酵素はダイエット効果に関して、他の酵素ドリンクとは完全に差別化されていると言えます。