酵素ダイエットの効果は酵素数で決まる

酵素数は酵素ダイエットの効果を決定づける大きな要素です。もし安い酵素ドリンクで酵素ダイエットをしても効果を感じられなかった場合、酵素数を見直す必要があります。

なぜ酵素ダイエットの効果は補う酵素数によって決まってしまうのでしょうか?

その理由について詳しく解説します。

酵素数が酵素ダイエットの効果を左右

酵素ダイエットで効果を大きく得たいのなら、酵素数が多い酵素ドリンクを選ぶべきです。酵素数が少ない酵素ドリンクでは酵素ダイエットの効果が中途半端になります。

酵素の種類と効果の関係についてわかりやすく例えると、ビタミンやミネラル、ポリフェノールの種類と体に対する効果の関係に似ています。

ビタミンAの効果は肌の健康維持と視覚を正常に保つこと。ビタミンCの効果はコラーゲンの合成を助けて抗酸化作用を発揮すること。

カルシウムは骨粗鬆症を予防すること。鉄分は赤血球の形成を助けること。

アントシアニンは活性酸素の生成を抑制して目の疲れを改善。カテキンは強い抗酸化作用とコレステロールの上昇を抑制する効果。

このように、各種の栄養素はそれぞれ異なった効果を持っています。ビタミンCが体に良いからビタミンCだけを多量に摂取しても、他のビタミン欠乏症に陥ります。

酵素に関しても全く同じことが言えます。特定の酵素だけを多量摂取しても、他の種類の酵素が欠乏すれば効果が低くなります。

酵素ドリンクの効果と酵素数

酵素ドリンクの効果を決めるのはまさに酵素数です。そのため、酵素ドリンクの効果を知るわかりやすい手がかりが配合された酵素数なのです。

安い酵素ドリンクは酵素数が少ないかもしれません。

逆に、高い原料を使った酵素ドリンクでも酵素数が少なければ意味がありません。ビタミンCを補うのに高級メロンを食べる必要はなく、みかんを1つ食べればすむことです。

酵素ドリンクを購入する時に考慮する必要があるのが酵素数です。

選択肢は2通りあって、酵素数が少ない(効果が低い)けど安い酵素ドリンクを購入するのか、それとも酵素数が多い(効果が高い)けど高い酵素ドリンクを購入するのか。

ベルタ酵素は現時点で酵素数が一番多い酵素ドリンクですが、それと同時に、酵素数に対する価格が一番安い酵素ドリンクでもあります。

最大限の酵素ダイエットの効果を最も安い価格で得たいのなら、ベルタ酵素が賢い選択だと言えます。