デトックス効果を引き出すプチ断食の方法

デトックスがダイエットに役立つという話を聞いたことがあるかもしれません。デトックスとは体内に溜まっている老廃物や毒素を外に出すことです。

毒素を出すので健康効果はもちろんですが、ダイエットにも効果があります。

特に便秘気味の方は腸に毒素がたまってしまいます。それが体の不調を原因とするむくみを招いたり、便の余分なカロリーを吸収することで体重増加につながります。

プチ断食という言葉を耳にしたことがあると思います。プチ断食は体内に溜まっている毒素を排出できるダイエット方法という観点から、デトックス効果を持ちます。

ただし、単純に食事を抜くだけのプチ断食の場合、デトックス効果は限られてきます。

体の中に食べものを取り入れない(新たな毒素の元を取り入れない)という消極的なデトックス効果は期待できますが、すでに体内に存在する毒素を積極的に排出させる効果は小さいからです。

毒素は腸内環境が悪化している状態で生み出されるため、腸内環境を改善させる成分を補うのが積極的なデトックス効果を生む方法です。

例えば、食物繊維を摂取して腸内の毒素を吸着させてから、便として排出させることは積極的なデトックス方法の1つです。

また、酵素ドリンクなど腸内環境を整える成分を補い、腸内悪玉菌の数を減らすことも積極的なデトックス方法の1つです。

ところで、プチ断食も一応は断食の一種なので、できれば医師などの指導を受けながら行った方が安全です。

一般の方がプチ断食に取り組むのは、健康面の問題から難しい側面があります。

そこで、より安全にプチ断食を行うためのやり方を説明していきます。

プチ断食中は1日に600kcal程度はカロリーを摂取した方が安全です。なぜなら、全くカロリーを摂取しないと低血糖の症状が出てしまうからです。

具体的には頭痛や貧血、めまいなど、いわゆる一般的に「好転反応」として語られる症状が出てしまうからです。

好転反応とは健康状態が悪化していることへの後付けの弁解に過ぎず、実は体にとっては良くない反応です。

低血糖をただ貧血を起こすだけの取りとめもない症状だと勘違いするとダメです。健康に非常に悪いだけでなく、時には生命の危機にも直面することもあります。

よって、1日に600kcal程度は必ずカロリーを摂取した方がよいです。

また、600kcalは1日に何回にも分けて摂取する方がよいでしょう。

プチ断食中は酵素ドリンクを飲むものだという認識が一般的だと思いますが、これは適度なカロリーを摂取して低血糖を防ぐだけでなく、デトックス効果も意識されています。

酵素ドリンクには腸内環境を改善させる成分が含まれているので、腸内悪玉菌を減らしてデトックス効果を引き出し、体の毒素を排出させる効果を期待できるのです。