乳酸菌で便秘を解消させる簡単な方法

便秘だから乳酸菌を摂取しようとヨーグルトを食べてみたけど効果がなかった・・。

乳酸菌が便秘の解消に効果があるという話はよく聞きますが、なぜ効果がない場合があるのでしょうか?

乳酸菌が便秘を解消させるしくみと、ヨーグルトよりも便秘を解消させる効果が高い方法について解説します。

ヨーグルトの乳酸菌は効果が低い

ヨーグルトで乳酸菌を摂取して便秘を解消させようとしても、あまり期待した効果は得られないでしょう。ヨーグルトには便秘を悪化させる成分も含まれているからです。

確かに乳酸菌には便秘を解消させる効果があります。しかし、ヨーグルトには動物性脂肪という便秘を悪化させる成分も入っています。

便秘の原因は腸内環境の悪化です。動物性脂肪には腸内環境を悪化させる逆効果があるので、動物性脂肪を含むヨーグルトは効果が低いのです。

牛肉の脂身が体に悪い(動脈硬化につながったり腸内環境を悪化させたりする)のはあなたもご存じだと思います。ヨーグルトの乳脂肪は牛肉の脂身と同じ成分です。

ヨーグルトは逆に健康を悪化させるので食べない方がよい、という説もあります。

その説を科学的に解析して理由付けするなら、ヨーグルトに含まれている動物性脂肪に問題があると言えるでしょう。

腸内の乳酸菌を簡単に増やす方法

腸内環境を改善させるには腸内の乳酸菌を増やせばよいのです。しかし、乳酸菌と同時に乳脂肪など便秘の改善に逆効果となる成分の摂取は避けたいものです。

そこで、腸内の乳酸菌だけを増やす簡単な方法があります。

それはオリゴ糖を摂取することです。オリゴ糖を摂取すると腸内にすでに滞在する乳酸菌のエサとなり、腸内の乳酸菌そのものを増殖させて増やすことができます。

乳酸菌がなぜ便秘を解消させるのか?

便秘の改善と乳酸菌には因果関係がありますが、乳酸菌が直接便秘を改善させるわけではありません。乳酸菌は便秘を改善させる間接的な役割を担っているのです。

腸内の乳酸菌が活動する時には短鎖脂肪酸という酸性の成分を生産します。その乳酸菌の生産物である短鎖脂肪酸が腸内の悪玉菌の数を減らし、腸内環境を改善させます。

腸内悪玉菌は酸性の環境下では生きることができません。短鎖脂肪酸という酸性の成分によって悪玉菌がその数を減らすのです。

便秘の原因は腸内環境の悪化ですが、腸内環境が改善すれば便秘も改善します。

この短鎖脂肪酸という成分は酵素ドリンクの主要成分でもあります。酵素ドリンクは発酵飲料とも言い換えられるからです。

酵素ドリンクの酵素は野草や野菜を発酵させることで生み出されますが、発酵は乳酸菌が行っています。(世の中の発酵食品は全て乳酸菌が関わっている。)

だから、酵素ドリンクを飲むことで乳酸菌とその生産物(短鎖脂肪酸)を同時に摂取できます。

しかも、ヨーグルトのように動物性脂肪といった便秘を悪化させる成分は含んでいません。便秘の改善にはヨーグルトよりも酵素ドリンクの方が優れているというわけです。

ベルタ酵素という酵素ドリンクにはオリゴ糖が配合されており、酵素ドリンクとオリゴ糖のそれぞれが持つ便秘解消効果の両方を同時に得ることができます。