便秘にお茶はお通じ悪化の原因

便秘に効くお茶がドラッグストアやネット通販で手軽に入手できますが、便秘をこのようなお茶で改善させようとすれば、さらに便秘を悪化させてしまいます。

便秘を改善させる効果的な方法でありながら、安全な方法を解説します。

便秘茶の成分は下剤と同じ

下剤より便秘茶の方が安全そうだからという理由であえて便秘茶を飲むのだと思いますが、実は便秘茶の有効成分と下剤の有効成分は全くの同一です。

自然食品の便秘茶で安全に排便を促すつもりが、実際には毎日下剤を飲んでいたのです。下剤と便秘茶は似たような成分というより、全く同一の成分です。

センナやキャンドルブッシュというセンナ系の植物をお茶にしたものが便秘茶であり、センナ系の植物から有効成分だけ取り出したものが下剤です。

どちらも原料は全くの同一です。

下剤や便秘茶はなぜ便秘を悪化させる?

下剤も同じですが、便秘茶を常用して便秘が悪化する理由は大腸メラノーシスを患うからです。大腸メラノーシスとは便秘茶(下剤)を常用した時に徐々に便秘茶の効きが悪くなっていく症状のことです。

便秘茶を常用すると徐々に大腸壁が黒くなっていきます。これは大腸壁にメラニン色素が沈着していくからで、メラニン色素の沈着が大腸壁を黒く変色させます。

ひどくなってくると自力では排便できなくなります。下剤なしには全く便が出なくなるわけです。

そのようなわけで、便秘茶は緊急時以外には常用するべきではありません。

安全に便秘を改善させるには?

便秘を改善させる安全な方法は、自然食品で腸内環境を改善させることです。例えば食物繊維やオリゴ糖、酵素ドリンクがあります。

食物繊維は便のカサを増やして排便を促す効果を持ちます。また、腸内善玉菌を増やして腸内環境を整える効果もあります。

食物繊維よりも腸内環境を整える効果が強いのがオリゴ糖です。よって、オリゴ糖は便秘を改善させる安全な方法でありながら、かなり効果の高い方法です。

また、酵素ドリンクにも腸内環境を整える効果があります。酵素ドリンクには代謝を上げる効果もありますので、体重が減りやすい痩せる体を築きながら便秘を改善させることができます。

オリゴ糖と酵素ドリンクの組み合わせが、便秘の改善にはかなり効果的な方法です。

例えば、ベルタ酵素のようなオリゴ糖入りの酵素ドリンクの場合、便秘を改善させる効果はかなり期待できます。