便秘のサプリメントで飲んではダメなもの

便秘のサプリメントは実際に飲むと全然効かない製品もありますが、逆に下剤を飲むように排便を促すものもあります。

このような便秘に効くサプリメントは、飲み続けるうちに逆に便秘を悪化させてしまいます。

センナのサプリメントで便秘が悪化

便秘のサプリメントでセンナが配合されているものがあります。この種のサプリメントを飲むと一時的ですが便秘は即効で解消します。

センナのサプリメントは便秘を解消させるというよりは、むしろ下剤として無理やり便を出すようなタイプのものです。

それもそのはず、センナは下剤を製造する主原料だからです。

センナのサプリメントを製造する原料もセンナ、下剤を製造する原料もセンナ。原料が同じなら薬効も副作用も全く同じです。

普通は便秘のサプリメントを飲む理由が下剤を飲みたくない(下剤の副作用を避けたいから)だと思いますが、センナのサプリメントは下剤を飲んでいるのと全く同じです。

センナの副作用は?

センナのサプリメントの副作用は、長い間飲み続けることで便が出にくくなってくることです。最初はサプリメントの量を増やさないと出にくくなる程度かもしれません。

2粒飲んだら便がスッキリ出ていたのが、次第に3粒飲まないと出ないようになります。それでも効きが悪くなり、4粒…5粒…と飲む量が増えていきます。

下剤も同じですが、センナの副作用は大腸メラノーシスになることです。大腸メラノーシスとは大腸壁に黒い色素がへばりつく症状で、これがセンナ(下剤)の効きを悪くします。

下剤でダイエットしている人が、錠剤を多量に飲まないと出なくなってくるのと同じ症状です。ひどくなってくると自力での排便が全くできないようになります。

安全な便秘のサプリメントは?

便秘のサプリメントに安全性を求めるなら、乳酸菌やオリゴ糖の成分が配合されているものがおすすめです。乳酸菌やオリゴ糖なら効果があっても副作用がないからです。

便秘の原因は腸内環境の悪化ですが、腸内環境が悪化する原因が腸内の乳酸菌の数が減ってしまったことです。

腸内の乳酸菌が減れば悪玉菌の数が反比例で増えていき、腸内環境が悪化して便秘になります。

乳酸菌を補えば腸内環境が改善し(乳酸菌が増えて腸内悪玉菌が減り)、便秘が改善します。

オリゴ糖が便秘を改善する理由も、腸内の乳酸菌を増やす効果があるからです。

また、酵素ドリンクでも安全に便秘を改善させることができます。酵素ドリンクには乳酸菌と乳酸菌が作り出す成分が溶け込んでいます。

実は乳酸菌が直接腸内環境を改善させるわけではなく、乳酸菌が作り出す成分が腸内環境を改善させます。

乳酸菌が作り出す酸性の成分(短鎖脂肪酸)が大腸内を酸性の環境にします。そして、酸性の環境下では生きられない腸内悪玉菌が数を減らします。

これが便秘が改善する直接的な理由です。

酵素ドリンクには乳酸菌だけでなく、便秘改善(整腸作用)の有効成分である乳酸菌の生産物(短鎖脂肪酸)が直接溶け込んでいます。

酵素ドリンクは便秘改善効果において乳酸菌サプリの上をいくわけです。

さらに、酵素ドリンクにはベルタ酵素のようにオリゴ糖が配合された製品があります。

このような酵素ドリンクはオリゴ糖と乳酸菌、短鎖脂肪酸の全てをいっぺんに補えるので便秘改善効果も大きくなります。