母乳ダイエットで痩せないのはなぜ?

聞く話によると母乳はダイエットに効果があるようだけど、私の場合はなぜだか痩せない・・。なぜ皆が痩せる母乳ダイエットで自分だけ痩せられないのでしょうか。

まずは母乳の消費カロリーから考えてみましょう。

母乳でカロリーを消費するのはいつ?

母乳を赤ちゃんにあげるとカロリーを消費するのは「母乳ダイエット」の情報を通じて知っていると思いますが、カロリーを消費するのは母乳が作られる時なのでしょうか?

それとも、赤ちゃんに母乳をあげる時なのでしょうか?

まず、母乳が作られる時にカロリーを消費しますが、作られた母乳を体の外へ出さなければ再び体内に吸収されます。これは母乳のカロリーがそのまま体に戻ることを意味します。

赤ちゃんに母乳を積極的にあげないと母乳の出が悪くなりますが、これも母乳が作られる時の消費カロリーを低下させることになります。

結局、母乳でダイエットしようとすれば、作られた母乳を積極的に赤ちゃんにあげる必要があるということです。

ちなみに、完全母乳で育児する場合は普段よりも約500kcal余分にカロリーを消費します。

「母乳ダイエットが痩せやすい」、あるいは「産後6ヶ月は痩せやすい時期」と言われるのはこのためです。

授乳期は食欲が旺盛になるもの

授乳期に予想に反して痩せられないのは食欲が旺盛になるからです。

母乳が出る間はそうでない時期よりも500kcalくらい余分にカロリーを消費しますが、食欲も旺盛になって食べてしまいます。これが授乳期に痩せられない原因です。

でも極端な食事制限をすれば母乳の出に影響を与えます。

赤ちゃんに母乳をあげられないようになるばかりか、母乳の消費カロリーも減ってしまいます。そうなると今よりもっと痩せにくくなります。

授乳期の食事制限で意識するべきことは、食事はしっかり取りながら間食をやめることです。

確かに育児は慣れない人ほどストレスを感じてしまいます。2人目、3人目の場合はもう慣れているので手を抜きながらも育児ができますが、1人目は大変です。

このストレスが間食の誘惑を生みやすいのですが、授乳期に摂取カロリーが過剰になる主な原因もこの間食です。

育児の忙しさに食事を適当に取ると間食に走りがちです。そこで、食事はしっかり取って間食をしないようにしましょう。

産後は代謝が低下するもの

母乳のダイエット効果は普段より余分に消費する500kcal分のカロリー消費ですが、産後は代謝が衰えているため元々の基礎代謝が低下しがちです。

母乳で500kcal余分にカロリーを消費したとしても、基礎代謝が100kcal低下していれば母乳のダイエット効果が400kcal分に低下したことと同じです。

そこで産後ダイエットで重要になるのは基礎代謝をアップさせるという視点です。

妊娠中と出産によりママの体は、赤ちゃんに栄養を取られるなどして疲労してしまいます。この妊娠と産後の疲労が基礎代謝の低下を招いてしまうのです。

もちろん健康な人とそうでない人で、出産後の基礎代謝には個人差があります。

もし今痩せにくい体だと自分で自覚しているなら、基礎代謝の低下を疑った方がよいかもしれません。

基礎代謝が低下する原因の1つは筋肉量の減少ですが、もう1つの原因が体内の酵素量の減少です。

筋肉量は運動(有酸素運動)と食事での栄養摂取(主にたんぱく質と炭水化物)で増やしていき、体内の酵素量は食事内容の改善(酵素を含む食品)で増やしていきます。

特に出産から間もない育児で忙しいママの場合、外に出て運動するのは不可能です。

そこで、まずは食事内容の改善だけで体内酵素を増やしていく酵素ダイエットがおすすめです。酵素ダイエットなら運動も必要とせず基礎代謝を上げて痩せやすい体を築いていけます。

酵素ダイエットは補う酵素によってダイエット効果が違ってくる(補う酵素数が多いほど基礎代謝を上げやすい)ので、酵素ドリンクで補う場合は酵素数が多い製品を選びましょう。

市販の酵素製品で酵素数が最も多いのはベルタ酵素です。