産後ダイエットで効果的な方法

もし産後ダイエットで一番効果的な方法を選択するなら、酵素ダイエットでしょう。なぜなら、産後ダイエットの成功においては代謝を上げることが最も重要だからです。

授乳期においては母乳に影響が出る食事制限ができません。摂取カロリーを容易に減らせないからこそ、代謝を上げることが効果的な産後ダイエットにつながるのです。

母乳が出ないと産後ダイエットにも影響

なぜ母乳が産後ダイエットに関係するのかというと、母乳を出すことが直接カロリーの消費につながるからです。

授乳期の女性は普段よりも1日当たり約600kcalくらいカロリーを余分に消費しています。逆に言うと、母乳が出なくなると消費カロリーが約600kcal減るということです。

カロリーコントロールのために食事制限をしているはずなのに、逆に消費カロリーを減らして産後ダイエットの効果を下げてしまうわけです。

産後6か月間は痩せやすい時期だとよく言われますが、これは授乳による消費カロリーを見込んでのことです。

「産後6か月間は脂肪が流動的なので痩せやすい」というのは間違いです。

なぜ酵素ダイエットが効果的なのか

酵素ダイエットは摂取カロリーを減らすダイエット方法ではなく、代謝を上げて(消費カロリーを増やして)痩せるダイエット方法だからです。

そのため、酵素ダイエットをしても母乳が出なくなるようなことはありません。

もちろん酵素ダイエットにもいくつかの方法があります。

これらの方法には酵素ドリンクを利用した置き換えダイエットと酵素断食がありますが、置き換えと断食は食事制限に該当するダイエット方法なので授乳期は控えます。

授乳期に適した酵素ダイエットは、食事を普段通りにしながら酵素ドリンクを補う方法です。このような酵素ダイエットの方法なら母乳の出に影響しません。

置き換えや断食というカロリー制限をしない酵素ダイエットのやり方だからこそ、酵素数が多い酵素製品を選びましょう。

酵素数が多い酵素製品ほど代謝を上げやすく産後ダイエットには効果的だからです。