産後ダイエットで授乳中に安全に痩せる方法

授乳中に産後ダイエットをする場合は母乳に影響しないかとても心配になります。間違った産後ダイエットは母乳を出なくしたり、母乳の栄養価を下げてしまうからです。

そこで、授乳中でも安全に痩せられる産後ダイエットの方法について解説します。

授乳中は食事制限するべき?

授乳中は痩せやすいので、食事制限をしなくても勝手に痩せると思いがちです。確かに授乳中は食事制限をして母乳の栄養に影響を与えるべきではありません。

ただ、本能のままに食べたいだけ食べていれば体重は減らないし、逆に産後太りがひどくなる場合もあります。

現在母乳育児をしているにも関わらず体重が増えていくのなら、現在の食事の関係のどこかに問題があるのでしょう。

それでは、母乳育児では食事制限をするべきなのか?しない方がよいのか?

基本的に、三度の食事では厳しい食事制限をするべきではありません。ただし食べ過ぎはダメなので、授乳中に見合った摂取カロリーを守ることが大切です。

また、母乳の栄養を確保するのは三度の食事がその役割なので、間食で余分なカロリーを摂取していないかチェックしましょう。

食事はしっかり取るけど間食はしない。これが母乳育児における正しい食事制限の方法です。

授乳中のダイエットサプリは安全?

やはり授乳中にダイエットサプリを飲むことは、絶対に安全だとは言い切れません。安全なダイエットサプリもあれば、当然そうでないものもあるでしょう。

授乳中にダイエットサプリを飲むとその成分が母乳の中に入ってしまう可能性が否定できません。だから、できるなら授乳中はサプリを飲むのは控えた方が安全でしょう。

どうしてもダイエットサプリを飲むのであれば、サプリの箱に「授乳中に飲んでも大丈夫」だと表記されているか確認しましょう。

裏書を見ても不明な場合、メーカーに問い合わせてから飲むかどうか判断するとよいです。

授乳中に安全な産後ダイエットは?

安全を重視して授乳中に産後ダイエットをしたいなら、食事制限をしない酵素ダイエットがおすすめです。食事制限をしないので授乳中にも安全に痩せられます。

酵素ダイエットの代表的な方法には短期間で一気に痩せる断食と、長期間かけてマイペースで痩せる1食置き換えがあります。

今は授乳中のダイエットなので、断食も置き換えもせずに酵素ドリンクを飲むだけのダイエットをします。これが食事制限をしない酵素ダイエットです。

酵素ダイエットでなぜ痩せるのかというと、理由の1つが断食や置き換えによるカロリー制限の効果です。

そして、もう1つの理由が、酵素を補うことで体内の代謝酵素が補われるので、体の代謝が上がって消費カロリーが増えて痩せる、という代謝アップの効果です。

この酵素ダイエットの代謝アップの効果だけでも体重は減っていきます。

あとは、食事をしっかり取りながら間食だけ控えることさえ守れば、産後6ヶ月以内に妊娠前の体重へ戻すことは十分に可能です。