ダイエットサプリではなぜ痩せない?

ダイエットサプリは現存するダイエット方法の中では主流の1つです。健康番組や通販番組では、ダイエットサプリの優位性をこれでもかというぐらいに宣伝しています。

実際、ダイエットサプリには本当にダイエット効果があるのでしょうか。

先に結論を言ってしまえば、あまりサプリにダイエット効果を期待しない方がよいと言った方がよいでしょう。

なぜなら、本当に痩せる成分を含んだダイエットサプリはほとんど存在していない、と言った方が正しいからです。

ダイエットサプリの種類を大きく分類すると、食物繊維の加工食品、脂肪燃焼成分を含む製品などが主流です。

例えば食物繊維の加工食品にダイエット効果があるのかと言えば、このような食品に脂肪を減らすような効果は期待できません。

確かに、便秘の改善には多少は役立つことでしょう。しかし、体を細くする本来のダイエットとは脂肪を減らすことです。

脂肪を減らさない限り、ダイエットには役立たないということです。

また、脂肪燃焼系のダイエットサプリとしてアミノ酸がありますが、これはたんぱく質に含まれるいくつかの種類のアミノ酸を抽出して配合しているに過ぎません。

言い換えれば、食事でたんぱく質をしっかり摂取している人にとって、アミノ酸のサプリは全く意味を成さないと言えます。

もちろん、ダイエットサプリで結果を出した人もいるでしょう。

しかし、それはあくまでも一例であって、その人が食事制限や運動を併用しながらダイエットサプリも補助として飲んでいた、といった理由が想定されます。

ダイエットサプリを飲むだけでは、まず体重が落ちることはないでしょう。

ダイエットサプリを気休め程度に飲む行為は、精神的な安定につながります。この観点から言えば、ダイエットサプリを飲む行為に全く意味がないとも言えないでしょう。

精神的な安定には過食のリスクを低下させる効果があるからです。

ダイエットサプリより大きな効果を期待できるダイエット方法があります。それは、酵素ドリンクを利用した酵素ダイエットです。

これは置き換えダイエットの一種ですが、ただ低カロリーだけを意識した通常の食事制限や置き換えダイエットよりは断然効果が高いダイエット方法です。

普通の置き換えダイエットと酵素ダイエットの大きな違いは、ダイエット中に酵素を補うかどうかにあります。

人のエネルギー代謝は酵素反応を利用して行われており、体内酵素が不足するとエネルギー代謝の効率が低下します。これが基礎代謝を低下させる大きな原因になります。

食事制限は体に取り入れる栄養素を制限する行為でもあるため、食事制限をすれば体内酵素の不足につながります。

酵素ダイエットは体内酵素の不足を改善できるダイエット方法なのです。

通常の置き換えダイエットで体重を減らしていく場合、基礎代謝の低下も伴いますので、実践期間に比例してさらに摂取カロリーを減らし続ける必要が発生します。

話をダイエットサプリに戻すと、脂肪燃焼系のサプリは体内酵素の働きを補助する(体内酵素を増やすのを助ける)効果があるに過ぎません。

どのような脂肪燃焼サプリであっても、結局は「体内酵素の働きの補助」という役割に行きつきます。

しかし、酵素ダイエットは酵素を直接補ってしまおうとするダイエット方法です。少なくとも、ダイエットサプリよりは優位性が大きいことは間違いありません。

もしダイエットサプリで痩せようと考えているのなら、酵素ダイエットを行う方が結果が出るのが早いでしょう。