ダイエットシェイクのメリットとデメリット

ダイエットシェイクはメリットとともにデメリットも目立つダイエット食品ですが、ダイエットシェイクの良い点と悪い点とは何なのでしょうか。

お昼にマイシェイカーを取り出して、ダイエットシェイクの素に牛乳を入れてしゃかしゃか…なんかマイシェイカーってかっこよくみえちゃいますよね。

手軽さもあいまって一気に広まったダイエットシェイクですが、そのメリットとデメリットの本当のところについてお話していきます。

ダイエットシェイクは置き換えダイエットの一つで、朝昼晩いずれかの食事、または人によっては一日2食や3食の食事をこのダイエットシェイクに変えます。

低カロリーでいろんな栄養成分、美容成分を配合したダイエットシェイクの素に、水や牛乳を注ぎ専用のシェイカーでしゃかしゃかすれば完成です。

普通の食事と比べて用意する時間がとっても短時間で済み、またどこでも持ち運びでき、さらに食事時間自体もかなり短くなるので忙しい人や面倒くさがりの人にもうってつけなことが大ブームの理由でしょうか。

また、今ではいろんな商品が出ていて、多種多様な味があるのでデザート感覚で飲んで楽しいところも特に女性受けしたところです。

また、コラーゲンなどの美容成分を配合するなど、付加価値が加えられた製品もありますね。

その反面、デメリットはやはりお腹がすくということです。

どんなに水分や食物繊維を含んだダイエットシェイクでも、やはり咀嚼しないということは脳の満腹中枢が刺激されないわけで、おなかが一杯とは感じにくいのです。

また、これは商品によるでしょうが、添加物なしなどを売りにしている場合、乳化剤が使われてなくて粉っぽく感じることもあります。

逆に、添加剤だらけのものもあります。

そして、どんなに味が沢山あるといっても、すべて飲み物ですので、飽きてしまったり物足りなかったりもするでしょう。

1食あたりだいたい400円以上とこう見れば安いのですが、箱買いなどまとめて買うとばかにならないお値段だったり、商品によっては1食1000円を超すものもあります。

短期間でダイエットシェイクを利用するのはありだと思いますが、栄養面からみると、どんなに栄養素が含まれていようと普通の食品から摂取することが一番です。

人工的に作られたものですので、商品によっての品質の差もかなりあります。

ダイエットシェイク等に加えて、普段からバランスの良い、ほどよい量の食事を気にかけてくださいね。