乳酸菌サプリの効果と選び方

乳酸菌サプリにはどんな効果があって、どの乳酸菌サプリを選べばよいのか、などをご紹介します。

いきなりですが、日本人の腸って他の国の人の腸より長いのですが、御存じでしたか?

その分、複雑な構造ですので、腸内をきれいに保つことは健康と美容への近道なのです。

腸内をきれいにする成分といえば乳酸菌ですが、乳酸菌サプリや乳酸菌入りの乳飲料、ヨーグルトなどの食品ってたくさんありますね。

まず、われわれの腸内には数百種類、その数100兆個以上もの腸内細菌が生息しています。

そのなかで乳酸菌、ビフィズス菌のような善玉菌、ウェルシュ菌や大腸菌などの悪玉菌、そして、ただそこに存在するだけの日和見菌とに分けられます。

これら腸内細菌の状態を腸内フローラとも呼びます。

乳酸菌は腸内で酢酸や乳酸など有機酸を生産しています。この有機酸が免疫力のアップや便秘解消などに役立っています。

腸が綺麗になればお肌の状態も良くなり、ダイエットにもつながるのです。

しかし、ストレスや食事の偏り、加齢などが原因で善玉菌が減って悪玉菌が増えると、腸内が腐敗し、アンモニアやインドール、フェノール等の有害物質が生産されます。

これらの毒素が腸管から吸収されて、老化や発がん性を促進してしまいます。

そこで、この善玉菌を食品などから摂取しよう!というのがプロバイオティクスの考え方です。

プロバイオティクスとは、人体に保健効果をもたらす生きた微生物と、それを含む食品のことを指します。

さて、それでは、どのようにたくさんある乳酸菌サプリの中から良品を選べばよいのでしょうか?そもそも、なぜサプリなのでしょう?

サプリを選ぶメリットは、乳製品がダメな人も摂りやすい、保存や持ち運びも便利、カロリーが低く摂取効果が高いことです。

では、選ぶポイントは?といいますと、ずばり、生きて腸まで届くかどうかです。つまり、酸や熱に強い本当に意味のある乳酸菌を使っているサプリを選ぶことです。

有胞子性乳酸菌、植物性乳酸菌、ビフィズス菌が強い菌としてあげられるでしょう。

おすすめとしてよくトップに入っているのは、ヘルスエイドビフィーナS(森下仁丹)、乳酸菌EC-12(久光)ですね。

ただ、乳酸菌サプリの欠点は効果が持続しないことです。乳酸菌サプリは摂取した時は確かに腸内環境が整うけど、摂取をやめてから効果が切れるのが早いです。

また、乳酸菌サプリなどで体の外から取り入れる乳酸菌は腸内に定着しないため、元々腸内に生息している善玉菌にエサを与えて増やす方が効果が高い、という考え方もあります。

要するに、乳酸菌サプリよりも食物繊維やオリゴ糖の方が効果が持続する、効果が高い、というわけですね。

また、腸内環境を整える目的なら酵素ドリンクもかなり効果は高いです。食物繊維とオリゴ糖入りの酵素ドリンクなら、さらに整腸効果が高くなります。