授乳中の便秘薬は安全?

授乳中だけど便秘薬を飲んでも大丈夫なのだろうか…。便秘薬を飲みたいけど授乳中だし赤ちゃんに影響があったら怖いし…。

出産後からひどい便秘に悩まされる人も多く、何日も出ない、便が硬くて排便が困難になるケースも多いです。便秘だと辛いしお腹もぽっこりして最悪です。

授乳中に飲む便秘薬の安全性について解説します。

便秘薬は赤ちゃんに影響する

ママが飲んだ便秘薬は腸管から吸収されて血液に混ざります。そして、母乳はママの血液から作られるので、便秘薬の薬剤が母乳に混ざってしまいます。

ということは、授乳中に飲んだ便秘薬は赤ちゃんにもろに影響するということになります。

薬の安全性を確かめる際には臨床試験を行ったりしますが、妊娠中や出産前後の女性で臨床試験を行ったりしません。

言い換えれば、授乳中の便秘薬の安全性が確かめられたことはないのです。

授乳中に便秘薬を飲み、それが母乳を通じて赤ちゃんにどのような影響を与えるのかは不明です。よって、授乳中は便秘薬を飲まない方が安全です。

授乳中のダイエット茶も危険?

便秘薬を授乳中に飲むのがダメなら、ダイエット茶なら大丈夫なのでしょうか?

いいえ、ダイエット茶も便秘薬と同様に授乳中には控えた方がよいです。なぜなら、ダイエット茶の成分と便秘薬の成分は同じだからです。

普通に考えて、便秘薬でもないのにお茶を飲むだけで便秘が解消することなどあり得ません。ダイエット茶に便秘薬と同じ成分が入っていると考える方が自然です。

実際、ダイエット茶に配合されている原料と便秘薬を作る原料は同一です。

ダイエット茶に配合されている原料はセンナやゴールデンキャンドルが多いです。(というより、全てセンナ系の原料だと言っても過言ではありません。)

センナやゴールデンキャンドルには強制的に排便を促す薬効があります。この薬効を抽出して作った薬が、薬局でよく見る便秘薬です。

ダイエット茶は健康食品(薬ではない)で便秘薬は薬です。

しかし、センナやゴールデンキャンドルはパッケージに薬効さえ記載しなければ、健康食品として販売してもよいというルールがあります。

実際には薬の成分を含むのに健康食品として売られているわけです。

授乳中に便秘を解消させるには?

授乳中は赤ちゃんに影響しない形で、安全に便秘を解消させる必要があります。

そこで授乳中に便秘を解消させる安全な健康食品ですが、オリゴ糖やオリゴ糖配合の酵素ドリンクが効果があっても安全です。

オリゴ糖には腸内環境を整えることで排便を促す効果があります。

便秘の根本的な原因が腸内環境の悪化(腸内悪玉菌が多い)なので、オリゴ糖を摂取して腸内善玉菌を増やして腸内環境を整えれば便秘の改善に役立ちます。

また、オリゴ糖配合の酵素ドリンクにはオリゴ糖以上の便秘解消効果を期待できます。酵素ドリンクの成分自体にも腸内環境の改善に役立つ効果があるからです。

酵素ドリンクの製造過程には発酵があります。この発酵により酵素ドリンクはヨーグルトと同じ発酵食品になりますが、酵素ドリンクには乳酸菌と乳酸菌の生産物が多量に溶け込んでいます。

乳酸菌の生産物(短鎖脂肪酸)は酸性の成分であり、酸性の環境に耐えられない悪玉菌を減らす効果を期待できます。

オリゴ糖配合の酵素ドリンクは溶け込んでいる乳酸菌や乳酸菌の生産物が腸内悪玉菌を減らすと同時に、配合されたオリゴ糖が腸内善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌を増やしてさらに悪玉菌を減らします。

オリゴ糖配合の酵素ドリンクは、便秘解消にダブルの効果を期待できるというわけです。

オリゴ糖配合の酵素ドリンクにはベルタ酵素があります。

また、酵素ドリンクには代謝を上げるダイエット効果もあります。便秘を解消させると同時に、カロリーを消費しやすく痩せやすい体も築けるわけです。

ベルタ酵素は市販の酵素製品の中で酵素数も一番多い製品なので、便秘解消と代謝アップにはかなり優れています。