産後の体重の減り方の目安

一般的な産後の体重の減り方ついて書いてみたいと思います。

まず、出産直後には体重が一気に3~5キロくらい減ります。赤ちゃんの体重が平均で3kgくらい、胎盤と羊水がそれぞれ500gくらい。合わせて平均で3~5キロくらいです。

病院を退院する頃には、ピークの体重から5~6キロくらい減っていることでしょう。

もし妊娠中に太りすぎていなかった場合、産後3~4ヶ月くらいで妊娠前の体重に戻ることが多いです。

この頃までに体重が思ったほど戻っていなかった場合、生活習慣の問題もあるので(太りやすい生活習慣なので)そのままの生活を続けてもこれ以上戻らない可能性があります。

もしそうなら、ダイエットを意識する必要があるかもしれません。

二人目以降は体重が減りにくい

産後の体重は二人目以降の方が減りにくい傾向があります。1人目を生んだ後にはスムーズに体重が減った人でも、二人目や三人目の場合は体重が減りにくい傾向があるのです。

これは出産経験がある女性の多くが口をそろえて言う言葉です。

なぜ二人目以降は産後の体重が減りにくいのかというと、精神的な面でも肉体的な面でも赤ちゃんを産んで育てることに慣れたという理由が大きいです。

1人目を出産した時は全てが人生で初めてのことなので、分娩時の肉体的な負担も大きいし、育児の肉体的な負担も大きいです。

赤ちゃんを育てる時には何度となく、初めての経験におろおろと慌てることでしょう。

しかし二人目の時はどうでしょう。何もかもが経験済みのことなので、自然と手を抜いても育児を完璧にこなせるようになります。

精神的にも楽ですし、肉体的にも適度に手を抜けるようになります。育児のために消費する体力が減るので体重も減りにくくなるのです。

体重の減り方が鈍い場合は?

もし体重の減り方が思ったより鈍い場合(産後3~4ヶ月くらいたっても体重が妊娠前に戻らない場合)、ダイエットを意識しないと太ったままの体重が定着してしまうかもしれません。

なぜなら、今の生活習慣が太りやすいものであるか(食生活か運動)、代謝が低下しているかのどちらかに原因があるからです。

食生活で食べ過ぎに問題があるなら、食生活を修正する必要があります。運動不足か日常生活で体を動かすことが少ないことに問題があるのなら、それを正す必要があります。

しかし、体重が減らない根本的な原因には代謝不足もあります。代謝が不足していれば食事量が少なくても体重が減らないことがあるからです。

このような場合は、酵素ダイエットで代謝を上げることが、産後の体重を妊娠前に戻す1つの手段になります。

代謝が低いうちは何をやっても体重が減らないことが多いからです。

体に代謝酵素を補うことが目的なら、ベルタ酵素のような酵素数が多い酵素製品がおすすめです。補う酵素数が多いほど代謝を上げやすいからです。