産後ダイエットで帝王切開した人に効果的な方法

帝王切開した人の産後ダイエットで注意するべき点や、効果的に痩せる方法について解説します。また、運動で傷口が開いてしまわないかも心配事ですね。

産後ダイエットの方法でも、帝王切開で出産した人が無理なく実践できて効果が高い方法について解説します。

帝王切開後の運動について

帝王切開で出産した直後の運動に関して、運動して傷口が開いてしまわないか心配だと思います。基本的には産後の健診で傷口がふさがっていれば、運動をしても大丈夫です。

ただし、傷の痛みが残っていたら無理をしないようにしましょう。

帝王切開から1ヶ月は激しい運動をしない方がよいでしょう。この1ヶ月間は家の掃除や外で軽く散歩するくらいで良いと思います。

この時期に運動でダイエットをすることは避けるというイメージです。

骨盤ベルトは産後の体型戻しに効果なし?

産後の体型戻しといえば骨盤ベルトが効果的だとよく言われます。骨盤ダイエットに痩せる効果があるという世間の一般的な認識からです。

しかし骨盤ベルトにはダイエットの効果は全くありません。少し考えればわかりますが、腰にベルトを着けただけで体型に何らかの変化があると思う方が間違いです。

骨盤ダイエットの効果について科学的に説明すれば、ベルトを着けたくらいで骨盤の位置をずらすことはできない、ということです。

骨盤の位置は交通事故にあう程度の物理的衝撃を受けない限りずれたりしません。

整体による骨盤矯正についても同じです。人間の力くらいで骨盤は簡単に位置がずれるものではないのです。

骨盤ベルトのダイエット効果は、付けるだけで痩せるというゲルマニウムペンダントと似ています。どちらも非科学的であり、全く効果なしというわけです。

ちなみに、骨盤ベルトもゲルマニウムペンダントも国民生活センターに多数の苦情が来ていて、これらで痩せることはないとの注意が呼びかけられています。

食事制限で痩せるしかない?

帝王切開後の産後ダイエットは基本的に運動で痩せることはできないし、骨盤ベルトも産後の体型戻しに効果なし。それなら食事制限で痩せるしかない?

授乳中は厳しい食事制限もするべきではありません。母乳に影響して赤ちゃんの栄養摂取に悪影響を与えてしまうからです。

では、帝王切開で出産した人は、産後からしばらくの間は痩せられないのか?

いいえ、酵素ダイエットで代謝を上げるという痩せ方もあります。

食事制限は摂取するカロリーを控えることで痩せる方法ですが、酵素ダイエットは代謝を上げて消費カロリーを増やすことで痩せる方法です。

食事は普通に取りながら酵素を補うだけの簡単ダイエットなので、栄養もきちんと摂取できて母乳に影響を与えることもありません。

実は、出産直後は体に大きな負担がかかっているため、体内の代謝酵素も不足しがちです。酵素ドリンクで体の外から代謝酵素を補うことで代謝を上げることができるのです。

その代謝酵素を一番効率的に補うことができる酵素ドリンクがベルタ酵素です。なぜなら、ベルタ酵素は酵素製品の中で酵素数が一番多いからです。

補う酵素数が多いほど代謝酵素を効率的に補うことができ、産後ダイエットに成功しやすくなります。