産後ダイエットにおける母乳の悩みを解決

産後ダイエットをしていれば、母乳に関する様々な悩みが出てくると思います。授乳中に間違ったダイエットをすれば母乳の出が悪くなり、赤ちゃんに悪影響を与えるからです。

しかし、母乳の出が悪くなって影響を受けるのは赤ちゃんだけではありません。産後ダイエットの成功率も下げてしまうのです。

授乳の消費カロリーは?

授乳中の消費カロリーは普段より1日当たり600kcalくらい余分に消費すると言われています。だから、赤ちゃんに母乳を与えるだけで毎日600kcalずつ余分にカロリーを消費するのです。

産後6ヶ月は特に痩せやすい時期だと言われますが、その理由は授乳中に余分に消費するカロリーが原因です。

産後2ヶ月たっても体重が戻らない

産後から2ヶ月が経過しても妊娠前の体重に戻らない場合、「母乳は痩せるっていうのに私の場合はなぜ痩せない?」と心配になると思います。

産後2ヶ月の時点で全く体重が減っていないなら問題ですが、ある程度は減っているなら問題にならないことも多いです。

産後からゆっくり時間をかけて少しずつ減っていくケースも多いものです。産後4ヶ月から6ヶ月くらいかけて妊娠前の体重まで戻っていくママさんは多いです。

ダイエットは母乳の出を悪くする?

ダイエットをすれば母乳の出が実際に悪くなります。

体重が落ちないからといって無理な食事制限をして母乳の出が悪くなった場合、授乳による消費カロリーが減るので逆にダイエットにはマイナスになります。

その他、無理な食事制限は母乳の栄養価を下げたり母乳の味を悪くしたりするので、授乳中は無理な食事制限は行わない方がよいでしょう。

母乳の出はいいのに痩せない理由は?

母乳が出れば痩せると言われてるのに、私の場合は母乳が良く出るけど全く痩せない。このような悩みを持つ人は多いと思いますが、痩せない原因は代謝不足です。

授乳中はカロリーを約600kcal分余分に消費するとはいえ、食欲も旺盛になっているので摂取するカロリーも通常よりは増えているはずです。

でも食事制限をすれば母乳の出が悪くなり、逆に痩せにくくなってしまいます。

こういう時はどうやって痩せればよいのでしょうか?

代謝を上げる酵素ダイエットがおすすめ

授乳中は無理な食事制限をして母乳の出を悪くすれば逆に痩せにくくなります。そこで、酵素ダイエットで代謝を上げるのがおすすめです。

授乳中は食事制限をせず、酵素ドリンクを飲んで体に代謝酵素を補うだけの簡単ダイエットです。

代謝を上げれば体の消費カロリーもさらに増えるので、しっかり食べて母乳の出が良い状態のままで痩せることができます。