プロテインはダイエットに役たない

プロテインはダイエットに役立つ栄養素だというイメージが定着していますが、プロテインは筋肉量を増やすために必須な栄養素です。

そのため、男性の筋トレ愛好家にはとても人気のある健康食品の一つです。なかにはプロテインを薬と称して、自分の筋肉を溺愛しながら飲んでいる人だっています。

しかし、初心者ほどプロテインの使い方には気を配らないと、ダイエットの栄養素であるはずのプロテインが逆に脂肪になってしまいがちなのです。

ところで、プロテインという栄養素がどんな役割を果たしているのかを、詳しく説明できる人はいるのでしょうか。

プロテインとはたんぱく質の英語名であり、食品からたんぱく質を抽出したものです。筋トレ後の栄養補給として使われることが多いです。

しかし、十分に筋トレを行わずにプロテインを飲んだとしても、ただの体脂肪として体に蓄えられるだけです。

プロテインは筋トレをした後に飲んで初めて効果を発揮するものであり、何もせずに飲むだけではカロリーを余分に摂取するだけで何の効果も得られないのです。

多くの方は、たんぱく質は脂肪にならないと勘違いしています。

しかし、たんぱく質も脂質も炭水化物も、どの栄養素であっても過剰に摂取した分は脂肪として蓄えられてしまいます。

プロテインの中に含まれるたんぱく質は、アミノ酸に分解されてから腸で吸収されます。そして、筋トレで傷ついた筋肉繊維を修復するための材料として使われます。

しかし、過剰に摂取した分は脂肪に合成され、体脂肪として蓄積されます。

人間の体においては、たんぱく質やアミノ酸という形のままで置いておくより、脂肪に変換して蓄えた方がエネルギー効率がよいのです。

そのため、プロテインを摂取した瞬間に体のどこにも需要がなければ、すぐに脂肪に変換されてプロテインとしての効果を失うのです。

筋トレでよほど筋肉細胞を壊さない限り、プロテインとして摂取したたんぱく質は、ほとんど活用されずに脂肪に変換されます。

プロのボディービルダーでさえ、筋肉を大きく育てるのに大きな時間と集中力が必要とされるのです。

それなのに、筋トレに関して素人の私たちが形だけの筋トレを行っても、プロテインがまともに利用される程度に筋肉を追い込むのは不可能に近いのです。

残念ながら、素人が行う大抵のトレーニングでは筋肉を追い込めず、せっかく摂取したプロテインも脂肪へと変換されるのが関の山です。

一万円近く払ったプロテインも、値段に見合った価値を生み出さないということです。

プロテインは筋トレを本格的に行っている人や、プロのボディービルダーが使用するものです。

ダイエットで中途半端に筋トレをしている人の場合、思った以上に体内で活用されていないのが現実なのです。

それより、私達一般人のダイエッターにもっと向いているダイエット食品があります。それは酵素ドリンクです。

そもそも、プロテインを補う理由は基礎代謝を上げる(体が消費するカロリーを増やす)ためだと思います。

しかし、たいていのダイエッターの場合は、プロテインを飲んでも基礎代謝が上がっていません。そればかりか、ダイレクトに体脂肪に変換されてしまっています。

酵素ドリンクは、体に不足した酵素を補うという役割を持っています。

基礎代謝が低下する理由は体の筋肉量の減少だけではなく、体内酵素量の不足も大きく関わっています。酵素はエネルギー変換に欠かせない栄養素だからです。

また、酵素の場合は単純に不足分を補うだけで効果を発揮するので、プロテインに対する筋トレ不足のような面倒な要素は存在していません。

それゆえに、本格的に筋トレをする人を除いては、プロテインを飲むより酵素ドリンクを飲む方がダイエットに役立つのです。