脂肪燃焼には大きい筋肉が効率的

脂肪燃焼を促進させるためにはサプリメントを始めとした健康食品もいいのですが、やはり一番は有酸素運動や筋トレをしっかり行なうことが先決です。

筋肉は基礎代謝に関わる組織であり、筋トレでこれを増やすのもダイエット方法の1つです。

もし、ダイエット目的で筋トレを行うのであれば、脂肪燃焼効率の良い大きな筋肉から鍛えていったほうが効率的です。

基礎代謝は筋肉量に比例するので、例えば二の腕など面積の小さい筋肉を鍛えてもほとんど基礎代謝は上がらないのです。

ダンベル体操などは鍛える筋肉の面積が小さいため、ダイエットにあまり役立たないというわけですね。

大きな筋肉というのは、具体的に言えば、胸、背中、太ももなど体幹に近い筋肉全般です。

ダイエット初心者は痩せるために腹筋を行ったり、ダンベルで腕の筋肉を鍛えている人が多いですが、それはとてももったいないことです。

せっかく大きな筋肉が人間の体にはあるのですから、ダイエット効果を最大限に引き出すためにも、そこから重点的に鍛えていくことを意識しましょう。

女性や運動未経験の男性なら、10kgのダンベルだけで十分です。

ダンベルと自分の体重を使った自重トレーニングなら、十分に引き締まった痩せる体を作ることが出来ます。

今ではインターネットでダンベルを使った筋トレ方法、自分の体重を使ったトレーニング方法などを無料で調べることができます。

その中で、先ほど前述した体幹に近い筋肉を鍛えるトレーニングを選択してください。

もちろん書籍やdvdなどを購入しても構いません。

いずれにしても、質の高いものが出揃っているので、好きなトレーニングの一つや二つを選んで毎日実行するだけでも、だいぶ脂肪が燃焼する体を作ることが出来ます。

ただ、筋肉は鍛えるだけではなく、しっかりとした栄養補給も大事です。

例えば、筋肉を作る材料としてプロテインやアミノ酸を補うだけでなく、エネルギー変換に欠かせない成分である酵素を補うことも重要です。

特に筋トレで一番大事なのは、筋トレ後の栄養補給です。筋肉を鍛えるには、一度筋肉をある程度追い込まなければいけません。

そこで栄養補給を疎かにしてしまうと、せっかく鍛えた労力もただの無駄骨となってしまいます。

また、せっかく筋トレで筋肉量を増やしても、体が酵素不足に陥ってしまうとエネルギーの変換効率が落ちてしまいます。

筋肉を増やすだけで酵素を補わなければ、あまり基礎代謝が上がらないわけです。

何度も言いますが、栄養補給はしっかりと行ってください。

ダイエットを目指している人は、基本的にお腹の筋肉を気にしている方が多いと思いますが、まずは大きな筋肉を鍛える習慣を身に付けてください。

その後から、腹筋トレーニングを行っても別に遅くはありません。

とにかく、脂肪が燃焼しやすい体を作るには時間がかかるので、焦らずじっくりと筋肉を鍛えていってください。