過食症の症状と原因

過食症とはどんな症状で、原因は何なのでしょうか。過食症を克服するために知っておきたいことを解説します。

テレビに出演する芸能人、モデルさんは本当に華奢であこがれてしまいますよね。その一方、そんなメディアの普及とともに激増しているのが摂食障害です。

摂食障害には過食と拒食の2種類があり、一見相反するようですが、拒食症の60~70%はその後過食に陥ってしまいます。

そして症状はどうであれ、どちらも心の病気です。今回は特に過食症について、症状や原因について書いていきます。

過食症とは、正式には神経性過食症または神経性大食症、ブリミアと呼ばれます。一気に物を食べ何らかの形で排出する浄化行動(代償行動)を伴う病気です。

過食症には排出型と非排出型の2種類があります。排出型の場合は嘔吐、下剤、利尿剤や薬物を使った排出を行い、非排出型の場合は過度の運動、絶食等の代償行為を行います。

こういった代償行為が伴わない場合は、むちゃ食い障害と呼びます。

過食症の原因は精神的なもので、食に対する深い欲望と相反して、肥満への恐れや強いやせ願望を持つことを特徴とします。

食べてしまった後の自責感、敗北感から自己評価が著しく低下し、気分障害が出て最悪の場合は自殺に至ってしまいます。

過食症の自殺率は、拒食症よりも高いのですから驚きです。

とくに排出型の過食症の場合、体にとても負担がかかります。

むくみや脱水症状、唾液腺の腫れや手足のしびれ、吐きだこ、口膣や食道や胃の損傷、電解質低下による腎機能や心機能低下などが引き起こされます。

さらに、歯がとける、虫歯になる、月経異常や皮膚の乾燥などいろんな症状が襲います。

特に吐く、という行為は強力な胃酸を口からまた戻すのですから、胃酸による胃、食道、口の損傷は計り知れません。

下剤による大量の水分と電解質の喪失も時には命に関わります。

過食症の患者は必ず太っているわけではなく、むしろ標準体重や痩せ型の方も多いです。

でも太っていないからといって放置しておいても治るものではありません。周囲の理解と、ご本人の病院へ行って治療する意志が大切ですね。

過食症とまでいかなくても、暴飲暴食は確実に内臓を痛め、急激な血糖値の上昇により万病の元となります。普段から昔の人の知恵、胃八分目を心がけましょう。