むくみの解消方法や原因について

むくみの解消を確実なものとするため、まずはむくみの原因をよく知ることが必要です。マッサージでリンパ液を流すような情報を真に受けても改善しないからです。

むくみの原因を1つ1つ説明しながら、確実なむくみの解消方法を詳しく解説します。

むくみの原因は?

まず、むくみの原因について説明すると、人間の体内の水分の調整機能に障害が起こる時にむくみが発生します。人間の体重の約60%は水分でできています。

むくみの原因を具体的に挙げると、塩分の摂取過剰、薬の服用(ナトリウム含有薬など)、疲労や睡眠不足、運動不足、生理の他、長時間立っていることもむくみの原因になる場合があります。

また、上記とは別に病気(腎臓や心臓、リンパ節など)が原因になっているむくみもあります。体に明らかに異常なむくみが発生した場合は、通常のありふれたむくみではなく病気を原因とするむくみを疑う必要があります。

むくみを解消するには?

むくみの大部分は塩分の過剰摂取を原因としたものなので、基本的にむくみを解消する方法は体のナトリウム量(塩分量)を減らすことになります。

体のナトリウム量を減らす基本は、食事で摂取する塩分を控えることになります。

また、カリウムを摂取すると体のナトリウムを排出してくれるので、カリウムが多い食品(野菜など)を摂取することもむくみを解消する方法になります。

運動もむくみを解消する1つの方法です。運動をして汗を流せば体のナトリウムが排出されるため、可能であれば運動をして汗を流すようにしましょう。

特発性浮腫について

特発性浮腫と言って、病気でもないのに全身に定期的にむくみが発生する場合があります。

この場合のむくみは夕方に起こることが多く、むくみが発生する体の部位は足や手の他、顔や腹部にも発生する場合があります。

特発性浮腫のため、朝よりも夕方の方が1キロ以上体重が増える場合もあります。

立ち仕事をしていると(長時間立っていると)夕方頃に足がむくむことがありますが、特発性浮腫による症状である可能性があります。

特発性浮腫の症状を軽減する方法は、塩分の摂取量を制限することです。1日の塩分摂取量を5g以下に制限するとよいとされています。

生理前のむくみについて

生理前にはむくみが発生する場合があります。原因は月経前症候群で、エストロゲンの影響により体にナトリウムや水分がたまることでむくみが発生します。

月経前症候群の完全な治療法はまだありませんが、ストレスや疲労が症状を重くする場合があるので、意識してストレスや疲労を取り除くようにすると改善する場合があります。

また、ビタミンやミネラルの不足など明らかな偏食が月経前症候群の症状を重くする場合もあるため、食生活を改善する(野菜をきちんと摂取する)ことも症状の軽減に役立ちます。

疲労や睡眠不足もむくみの原因

体の疲労や睡眠不足などがむくみの原因になることもあります。仕事で疲れ切って寝不足になった翌朝、「体がむくんでいる」と感じることもあるはずです。

このような疲労を原因としたむくみを改善するためには、とにかく体をよく休ませるようにしましょう。寝不足もむくみの原因になるので不規則な生活をしていれば改善するようにします。

マッサージでむくみは改善する?

むくみの改善方法といえばマッサージをよく目にしますが、マッサージでは根本的なむくみの原因を取り除くことができません。

むくみの原因は全てリンパ液に由来するというような解説は間違いです。

足など下半身はリンパ液の停滞を原因としたむくみが発生する場合もありますが、だからと言って足や下半身にマッサージをすればむくみが大きく改善するかというと、そうでもありません。

足のむくみはマッサージをすることで、ほんのわずか(見た目的に見分けが付くか付かないか程度)に改善する場合もあります。

しかし、リンパ液は常に循環しているので、マッサージの効果はほんの数時間程度で消えてなくなります。

マッサージをするよりも、むくみの根本的な原因(塩分の過剰摂取、疲労や睡眠不足、ビタミンやミネラルの不足など)を改善する方が明らかにむくみの改善に役立ちます。

むくみはセルライトに変化する?

むくみを放置するとセルライトになると心配する人もいるかもしれませんが、むくみとセルライトの原因は全く別なのでその心配は無用です。

むくみがセルライトに変化すると言う情報においては、「むくみの水分と老廃物が脂肪と合体してセルライトになる」という非科学的な解説がなされています。

しかし、むくみの原因は上に書いた通り体の水分量(ナトリウム量)が関わることであり、老廃物や脂肪は一切関係ありません。