上半身痩せのダイエットの秘訣

上半身を痩せるダイエットに欠かせない秘訣とは、上半身の中でも大きな筋肉を優先的に鍛えることです。

ほとんどの方は二の腕やお腹などの筋肉を鍛えることに重点を置いており、効率よく上半身を痩せるためのダイエットを行うことが出来ていません。

上半身を細くしてきれいな体にしたいのなら、二の腕やお腹といった小さな筋肉を鍛えるのではなく、大きな筋肉をまず優先的に鍛えなければ意味がないのです。

筋肉には脂肪を燃焼する働きがありますが、より多くの脂肪を燃焼させようと思うのなら、大きな筋肉である背中や胸、腰などの筋肉を意識して鍛えたほうが効率がいいです。

言い換えれば、二の腕やお腹などの体積の小さい筋肉を鍛えても、体の脂肪の多くを燃焼させることはできません。脂肪の燃焼量は鍛えた筋肉の体積に比例するからです。

逆に言えば、背中や胸、腰などの大きな筋肉、体積の大きい筋肉を鍛えることで、体の脂肪を多量に燃焼させることが可能です。

しかし大抵のダイエット初心者の方々は、お腹をへこませたいから腹筋の運動をやる、二の腕を細くしたいからダンベル体操をやる、という具合にダイエットの全体像が見えていません。

確かに、お腹を引き締めるためには腹筋運動は一定の効果があります。しかし、脂肪を燃焼させるという観点から言えば、腹筋は非効率的なダイエット方法です。

例えば、腹筋をやる理由には、腹筋を割りたいということも含まれているのではないでしょうか。しかし、腹筋をどれだけやっても腹筋は割れません。

なぜなら、腹筋を割るために必要なことは腹筋の筋肉を発達させることではなく、腹筋周りの脂肪を落とすことだからです。

実は、腹筋は誰でも最初から割れています。しかし外見で腹筋が割れているように見えないのは、腹筋の上に脂肪が覆い尽くされているからなんです。

これと同じことが上半身痩せ全体にも言えます。

例えば二の腕痩せを目標としている場合、二の腕のダンベル体操をどれだけやっても二の腕が細くなることはありません。

二の腕を細くしたければ二の腕に付いた脂肪を落とす必要があるのですが、ダンベル体操をやっても二の腕の脂肪はほとんど落ちません。

逆に、背中や胸、腰などの大きな筋肉を優先的に鍛えた場合、これらの大きな筋肉が二の腕の脂肪まで消費してくれます。

言い換えれば、背中などの大きな筋肉を鍛える行為が、そのまま二の腕ダイエットにつながるというわけです。

また、上半身を痩せて見栄えのいい体を作りたいのなら、運動だけでなく普段の食生活にも気を配る必要があります。

結局のところ、筋トレや有酸素運動だけで消費できる脂肪の量は思った以上に少ないからです。上半身痩せには絶対的に食事の改善が欠かせません。

食生活の方法について具体的な方法を記述いたしますと、ご自身の消費カロリー以上の摂取カロリーを摂らないことが最重要です。

また、野菜や果物などビタミン類を含む食事を普段から沢山摂取することも重要です。野菜や果物はダイエット中の美容対策に欠かせないからです。

また、酵素を補うことはダイエットの大きな助けとなります。

筋トレや有酸素運動でカロリーを消費すること、食事制限で摂取カロリーを減らすことだけで痩せるほどダイエットは甘くないからです。

上半身痩せなどダイエット全般はいかに体脂肪を減らすかが重要であり、体脂肪を効率よく減らすには基礎代謝の改善が欠かせません。

酵素を補うことは、体脂肪を燃焼させやすい体質への改善につながります。