小顔エステは効果がある?

小顔エステで簡単に顔痩せできると思っていると、実際に通い始めてから全然効果がないことに気付いて後悔することでしょう。

実は小顔エステには顔痩せの効果は全くありません。なぜ小顔エステで小顔になれないのかを解説します。

小顔エステの施術内容

小顔エステに行った時の施術の流れとしては、まずメイクを落としてからパック、ミストスチーム、超音波、ハンドマッサージなどを行います。

細かい施術内容はエステサロンによって違ってくるので、上記は施術の代表例に過ぎませんが、だいたいこんな感じで施術を行っていきます。

パックは美容目的、ミストスチームはリラックスのために行っていると思います。小顔にするための施術内容としては、超音波とハンドマッサージが主なものです。

まず、超音波を顔に当てても小顔にはなりません。

超音波の顔痩せ効果について科学的根拠は何もなく、マイナスイオンのように「よくわからないけど効きそう」という心理的な納得感を出すために行う施術だと思います。

ハンドマッサージも小顔に効果なし

また、ハンドマッサージの施術に関しても小顔にする効果はありません。

小顔エステでハンドマッサージを行う理由は、リンパ液を流して顔のむくみを取ることです。しかし、顔は人間の体でもむくみが発生しにくい部位です。

リンパ液は全身を循環してから最終的に静脈へ回収されますが、リンパ液が回収される位置がちょうど心臓くらいの高さにあります。

顔のリンパ液は重力で自然に下へ流れていくので、顔にむくみは発生しません。基本的に顔はむくまないものなので、顔にハンドマッサージを行っても意味がないのです。

顔が大きくなる原因はむくみにあるのではなく、脂肪にあります。顔の部位に脂肪が付いているので顔がむくんでいるように見えるだけです。

小顔にする方法はハンドマッサージではなく、食事制限や運動などごく普通のダイエットです。

顔が大きいことで悩む人は遺伝子的に顔に脂肪が付きやすい体質なのですが、太る時は顔に脂肪が付きやすい反面、痩せる時には顔の脂肪が他の部位よりも落ちやすくなります。

よって、体脂肪率さえ減らしていけば確実に小顔になれます。

エステの食事指導の意味

エステに通うと施術を受けるだけでなく、食事の指導(食事制限のやり方)も受けます。

エステで効果があった人と効果がなかった人に分かれますが、効果があった人はエステで指導を受けた食事制限をきちんとやり遂げた人です。

逆にエステで指導を受けた食事制限をきちんと守れなかった人の場合、何十回とエステに通って施術を受けても小顔にはなれません。

これは全身を対象とした痩身エステでも同じことが言えます。