小顔矯正では小顔になれない

もし小顔矯正のサロンの施術を受けようとしているなら、その施術では小顔にはなれないので考え直した方がよいでしょう。小顔マッサージに関しても同様に効果がありません。

では、どうすれば確実に小顔になるのでしょうか。

小顔矯正に科学的根拠なし

小顔矯正のサロンが乱立していますが、サロンの小顔矯正には科学的根拠がありません。例えば「骨格に働きかけて小顔に」といったうたい文句は嘘で、小顔矯正の効果はゼロです。

実は、小顔矯正に科学的根拠がないという理由で、消費者庁により措置命令を下されたサロンがあります。

「小顔になれる」との宣伝が景品表示法違反(優良誤認)にあたり、「マッサージで持続的に小顔になれるという表示には科学的根拠がない」という判断です。

行政機関により、小顔矯正のマッサージに科学的根拠がないことが明確に示されたわけです。

もちろん、全国のサロンの小顔矯正に関しても同じです。

今回はたまたま売上金額が大きかったので調査が入ったのであり、運よく調査が入ってないサロンは今でも「小顔になれる」と営業を続けています。

騙されたくないのなら、小顔矯正のサロンにはいかないことです。

書籍の小顔マッサージにも小顔矯正の効果がないことは言うまでもありません。

マッサージで小顔になれない理由

まず、顔が大きくなる原因は顔に脂肪が付くことです。だから顔の脂肪を取り除かない限り小顔にはなれません。

顔にマッサージをすれば顔の脂肪を減らせるのかといえば、そんな非科学的なことはあり得ません。小顔矯正に科学的根拠がない理由はここです。

また、マッサージでリンパを流せば小顔になれると誤解する人もいますが、顔は心臓よりも上に位置しているので、むくみが発生しにくい部位です。

足は心臓よりも下に位置しているのでむくみは発生しますが、顔にむくみは発生しないのです。(唯一、寝起きの瞬間だけむくみが発生することがあります。寝ると顔の高さが心臓と同じくらいの位置になるため。)

確実に小顔になる方法

小顔になる方法はどこもワンパターンで、主流はマッサージですが(サロンの施術でも有名美容家の小顔矯正法でも)、上に書いた通りマッサージでは小顔になれません。

逆に、マッサージが原因で皮膚が伸びてしまい、顔にたるみが発生する場合さえあります。小顔マッサージは過剰にしすぎないことです。

それでは、確実に小顔になれる方法とは何なのでしょうか。

顔が大きくなる原因が上に書いた通り顔に脂肪が付くことなので、逆に顔の脂肪を減らせば小顔になることができます。

具体的にどうすれば顔の脂肪を減らせるのかというと、普通のダイエットをすることです。体全体の体脂肪率が減ってくれば、顔の脂肪も相対的に減ってきます。

体全体は細いのに顔だけ大きいという場合も、普通のダイエットで体脂肪率を減らせば顔の脂肪も集中的に減っていきます。

顔が太りやすいという遺伝子を持って生まれてきた人の場合、太る時も顔に集中的に脂肪が付くなら、痩せる時は逆に顔の脂肪が集中的に減ってきます。

体脂肪率をいかに減らすか、という部分だけに集中すれば何も問題はありません。