脂肪吸引に失敗するとどうなる?

脂肪吸引の失敗事例は重症例からささいなものまで様々です。

最も重症な脂肪吸引の失敗例としては、施術の際に切開した皮膚を医師がうまくつなげられない、あるいは施術後も皮膚に大きな穴があいたままのような状態になり、黄色の脂肪組織がむき出しの状態のまま放置されるようなものです。

その他、神経を傷つけることで痛みやしびれが一生続く後遺症を背負うのは、多かれ少なかれ脂肪吸引ではよくある失敗例です。

その他、脂肪の吸引のし方が均等でないため皮膚に段差ができる、(元々脂肪が多かった部位を脂肪吸引した場合は)皮膚がゆるんで老人のような見た目になってしまう、などもよくある失敗の事例です。

脂肪吸引に失敗したせいで部屋に引きこもって外に出れなくなった人、自ら人生を終えてしまったような人たちも当然います。大々的に報道されないだけです。

もちろん、服装で隠せる部位など脂肪吸引した部位にもよりますが、脂肪吸引術を受ける前にはこういった重大な失敗の可能性も頭に入れておく必要は当然あります。

寝ているだけで脂肪を除去してくれるお手軽な施術、といった軽い感覚で脂肪吸引術を受けると後悔することになります。

また、施術を受ける前には「結果に対してクレームをしない」という誓約書も書かされますので、失敗した後にあなたがクレームしてもクリニック側には煙たがられるだけです。

もちろん、失敗した体を元に戻してくれるわけでもありませんし、金銭的な保障も特にないでしょう。

脂肪吸引後に他のクリニックで再施術を受ける人が多いのは、失敗事例が頻繁に起こり得ることの証明でもあります。

何をもって失敗と感じるかは人によって違いますが、再施術を受ける人が多いのは、やはり施術後の状態に不満があることは明らかです。

外部の力を使って体を傷つけてまで楽に痩せようという考え方は、必ずあなたの体にしっぺ返しがやってきます。

そんな重大な失敗の可能性を防ぐためにも、地道な王道ダイエットで健康的に痩せていくほうが最悪の状態に陥るリスクがない点で安心なのです。

もし、あなたが最短で綺麗に痩せたいと考えるなら、酵素ドリンクを用いた酵素ダイエットを行う方がリスクもなく結果が出るのも早いです。

酵素ダイエットとは、食事を酵素ドリンクに置き換えるダイエット方法です。しかし、酵素ダイエットはただの置き換えダイエットではありません。

基礎代謝(=エネルギー代謝)には体内酵素が必須ですが、その不足した酵素を補うことで、エネルギー代謝の効率を上げることができます。

要するに、酵素が脂肪を燃焼するために必要な基礎代謝量の減少を防いでくれるのです。

普通は置き換えダイエットをすれば基礎代謝が下がりますが、酵素ドリンクで置き換えをすれば基礎代謝の減少を防ぎながら痩せることができます。

つまり、ダイエット後のリバウンドも防ぐことができるのです。

無理に危険な施術で脂肪を落とさなくても、体のエネルギー代謝の効率を上げてやれば、安全に痩せることができるのです。