足やせ方法と足が太くなる原因

足やせ方法としてはマッサージや筋トレ、エステが有名ですが、実際にこれらの方法で足が細くなった人は少ないと思います。

マッサージやエステには足やせ効果がなく、筋トレはどちらかというと足が太くなりやすい方法だからです。

足が太くなる原因を説明しつつ、確実に足が細くなる方法を解説します。

足だけ太い理由は?

なぜか足だけ太い体型で困っている…。上半身は細いのに足(太もも、ふくらはぎ)だけが太くなるのはなぜでしょうか。

また、どうすれば足を細くできるのでしょうか。

足だけ太い体型になるのはどんな時かと言うと、足に脂肪が付きやすい体質の人が体脂肪を十分に減らし切っていない(まだ体脂肪率を減らす余地がある)時です。

体質的に上半身に脂肪が付きやすい人の場合、体にある程度の体脂肪が残っていても(体脂肪率が低くなくても)足は痩せて見える場合があります。

また、足に脂肪が付きやすい人でも、他の人よりも努力して体脂肪率を下げれば足は細くなります。

足に脂肪が付きやすい体質の人は、体脂肪を蓄えた時に(太った時に)他の部位よりも足に脂肪が付きやすいわけです。

痩せた時(体脂肪率が減る時)には全く逆になるので、足の脂肪が相対的に減りやすくなります。

足は太いけど上半身はガリガリに痩せて見える人は、これ以上ダイエットをしても上半身ばかり痩せるし、もうこれ以上上半身は痩せたくない、と心配になるかもしれません。

しかし、この状態(上半身はガリガリで足は太い状態)からダイエットをした場合は、足の脂肪が相対的に減りやすいので、見た目的には足ばかり痩せていく感じになります。

足やせ効果から見た運動の役割

運動には足やせ効果があるのかないのかわからない…。ジョギングをしたら足の脂肪を減らせそうだけど、筋肉が付いて逆に足が太くなる可能性はないのだろうか…。

このように、運動をすれば逆に足が太くなるのではないか、と心配をする人はとても多いです。しかし、有酸素運動をしたくらいで足は太くなりません。

もし足の筋トレをした場合、足の筋肉を集中的に強い強度で鍛えるので、足に筋肉が付いて太くなるでしょう。例えばスクワットが筋トレに該当します。

スクワットは足(特に太もも)を太くする運動です。

でもジョギングの場合は、心配するような足の筋肉の付き方はしません。

筋肉には速筋と遅筋の二種類があります。速筋は力強いパワーを出す筋肉で、鍛えると太くなります。遅筋は持久力を引き出す筋肉で、鍛えても太くなりません。

速筋(太くなる筋肉)は筋トレをした場合に発達します。例えばスクワットは筋トレなので速筋を発達させ、足の筋肉を太くします。

しかし、ジョギングのような有酸素運動をした場合には速筋は発達しません。ジョギングは遅筋(太くならない筋肉)を鍛える運動だからです。

同じ走る選手でも、短距離走の選手は瞬発力を鍛えるので、速筋が発達して足が太くなっています。

しかし長距離選手の場合、持久力を鍛えるので発達するのは遅筋であり、足は太くなっていません。(マラソン選手はトレーニングで毎日走り続けているのに、体はしなやかで細いです。)

ジョギングは足を太くしない運動なので、もし、足が太くなる心配からジョギングをしていないのなら、どんどんやってください。

もちろん、ウォーキングも足を太くしない運動です。

結論として、ジョギングを含めた有酸素運動には足やせ効果があります。しかし、スクワットを含めた筋トレ運動には足を太くするマイナス効果もあります。

ただし、運動の消費カロリーは意外と少ないものです。例えば、体重60キロの人がジョギングを15分した場合、消費カロリーは90kcalちょっとです。

体脂肪を1キロ減らすためにはカロリーを7200kcal消費しなければなりません。90kcalを消費しても体脂肪は約12gしか減らないので、足やせ効果は大きくありません。

運動だけで体脂肪を減らすのは難しいため、運動の足やせ効果は限定的だということです。

食事制限は足やせに効果がある

上で解説した通り、足やせを達成するためには今より体脂肪率を下げる必要があります。

運動では体脂肪を大きく減らすことができないので、食事制限を併用して体脂肪を減らしていく必要があります。

ジョギングを15分しても90kcalしかカロリーを消費しませんが、食事制限の場合はご飯を60gくらい減らすと90kcal制限できます。

ジョギングを15分やるのとご飯を60g減らすのと、どちらの方が楽なのかは人によりますが、たいていの人は運動よりも食事制限の方が楽だと感じるはずです。

基礎代謝を上げることも足やせに効果的

足やせを達成するには体脂肪率を下げればよいので、運動か食事制限は足やせに効果がある方法です。ただ、運動や食事制限が精神的につらいと感じる人も多いです。

そこで、体脂肪率を下げるもう1つの方法としては、基礎代謝を上げて体が消費するカロリー量を増やすという方法があります。

基礎代謝を上げれば、体を動かさなくても消費されていくカロリー量が増えます。体脂肪率が減っていくので足も細くなっていきます。

基礎代謝を上げる方法の1つは有酸素運動です。有酸素運動をすれば遅筋(太くならない筋肉)が鍛えられ、遅筋が消費するカロリーが増えて基礎代謝が上がるというわけです。

また、運動をせずに基礎代謝を上げる方法としては、酵素ダイエットがあります。体の代謝量は体内の酵素量に比例するからです。

酵素ダイエットの原理としては、体のエネルギーを生産しているミトコンドリア内の酵素反応の効率を上げることにあります。

筋肉が消費するエネルギーを含めて、体が消費するエネルギーの全ては、ミトコンドリアがATPというエネルギー源を生産することで成り立っています。

ミトコンドリア内の酵素不足が基礎代謝が低下する1つの原因なので、ミトコンドリアの酵素不足を補うのが酵素ダイエットのしくみです。

ミトコンドリア内では複数の酵素群が複雑に反応し合っているので、補う酵素数が多いほど酵素ダイエットの効果は大きくなります。

例えばベルタ酵素のような酵素数が多い酵素製品で酵素を補った場合、酵素ダイエットの効果は大きくなります。(ベルタ酵素は市販の酵素製品で酵素数が一番多い508種類)

可能なら食事制限と運動を行いつつ、酵素ダイエットも取り入れた方が足やせ効果が高くなります。