酵素ジュースに効果がない理由

手作りの酵素ジュースは効果を実感できないかもしれません。なぜなら、酵素ジュースに効果がない多くの理由があるからです。

もし酵素ダイエットをするなら、酵素ジュースよりも市販の酵素ドリンクを利用した方が無難です。酵素ドリンクなら体感できるレベルで効果を実感できるはずです。

なぜ酵素ジュースでは効果を実感できない?

酵素ジュースの酵素数が少ないのが大きな理由の1つです。酵素の効果は酵素数に比例するからです。酵素数が数種類の酵素ジュースではほとんど効果を実感できないでしょう。

また、酵素ジュースは果物を原料にして作るため、野菜や野草を原料に含めている酵素ドリンクより酵素の質が劣るのも大きな理由の1つです。

そもそも、生で食べれば糖分過剰で太るような果物が原料なので、いくら発酵処理して酵素にしたところで太る食品である事実は変わりません。

おまけに酵素ジュースを作るには原料に果物だけでなく多量の砂糖を入れますが、常識で判断すれば砂糖は太る食品の1つです。

言い換えれば、酵素ジュースは砂糖を混ぜたフルーツジュースと同じです。

酵素数が少なく酵素の質も悪いので酵素自体の効果を発揮できず、それにも関わらず果物と砂糖の糖分で高カロリーな砂糖入りフルーツジュースになっているのです。

梅酒(梅を砂糖と焼酎でつけて熟成させるお酒)が好きで毎日飲んでいる人の糖尿病発症率が高いことを考えても、高カロリーな砂糖入り果物酵素ジュースがいかに太りやすくダイエットに効果がないことを理解できるでしょう。

どの酵素ドリンクも効果は同じか?

では、酵素ドリンクはどれも効果が同じなのかと言えば、そうではありません。

先ほど酵素ジュースが太る原因の1つに高カロリーであることを挙げましたが、酵素ドリンクも高カロリーなものは当然あります。

酵素ジュースの場合は酵素の質が悪い(酵素の効果を期待できない)にも関わらず高カロリーだから太るのに対して、高カロリーな酵素ドリンクの場合は、酵素に痩せる効果を期待できるけどカロリーも高いので酵素の効果を打ち消すイメージです。

代表的な低カロリーの酵素ドリンクはベルタ酵素です。ベルタ酵素は1回飲む量で53kcalしかカロリーがありません。

しかし、ベルタ酵素は低カロリーなだけが特徴ではありません。

酵素数が多いので効果が高い

ベルタ酵素のダイエット効果が高い理由は、酵素数が市販の酵素製品でNO.1であることです。

酵素の効果は酵素数が多いほど高く、ベルタ酵素は酵素数が一番多い製品(ベルタ酵素の酵素数は508種類で他の製品を断トツに引き離す)なのです。

また、酵素の原料についてもキダチアロエやドクダミ、高麗人参など漢方薬にも使われるような野草原料が主です。

アマチャズル、アマドコロ、オオバコ、オトギリソウ、カンゾウなど野草原料の種類を挙げればきりがありません。

低カロリーなうえに良質な酵素を豊富に補えるのが、ベルタ酵素の効果を高いものにしている理由です。