酵素ダイエットとは?痩せるメカニズム

酵素ダイエットとは酵素を補うことで痩せるダイエット方法です。酵素を補うことによって体の代謝量が上がり、消費カロリーが増えて痩せやすい体になれます。

なぜ酵素を補うと体の代謝量が上がるのでしょうか?

酵素ダイエットで体の代謝が上がるメカニズムを詳しく解説します。

なぜ酵素で代謝が上がる?

酵素を補うと代謝が上がる理由は、体のエネルギー生産を担うミトコンドリア(細胞内に存在する細胞小器官)へ酵素を補うことによります。

ミトコンドリアとは体が必要とするエネルギーのほとんどを生産する、人間のエネルギー生産には非常に重要な役割を持つ細胞小器官です。

ミトコンドリアは糖と脂肪、酸素を材料にATP(エネルギー源。生体のエネルギー通貨とも呼ばれる)を生産します。

私たちが当たり前のように呼吸をして酸素を体に取り入れる理由は、ミトコンドリアに酸素を供給するためです。

ミトコンドリアが存在しなければ人間はエネルギーを作り出すことができず、生命を維持することもできません。

ところで、ミトコンドリアがATPを生産する時には、ミトコンドリア内に存在する酵素群が複数回に及ぶ化学反応を引き起こします。

ミトコンドリア内に酵素が存在しなければATPを生産することができません。酵素が不足すれば代謝が低下するのはこのためです。

酵素ダイエットとはミトコンドリアへ酵素を補うことにより、ミトコンドリアのエネルギー生産効率を上げるダイエット方法です。

酵素ダイエットの効果を上げるコツ

酵素ダイエットの効果は補う酵素数によって変化します。補う酵素数が少ないほど代謝を上げる効果は低く、補う酵素数が多いほど代謝は大きく上がります。

酵素ダイエットの効果が酵素数に比例する理由は、ミトコンドリアがエネルギー生産する時に引き起こされる酵素群の化学反応が関係しています。

酵素群という通り、ミトコンドリア内には単一の酵素ではなく複数の酵素が存在しています。複数の酵素が複雑な化学反応を引き起こすことでエネルギーが生成されます。

補う酵素数が1種類だった場合、ミトコンドリア内の酵素不足を効率的に補うことができません。化学反応に複数の酵素が必要なところ、1種類だけ補っても無意味だからです。

補う酵素数が多いほどミトコンドリアに必要な酵素の全てを補いやすく、その結果、ミトコンドリアのエネルギー生産効率が上がります。

そのため、酵素ドリンクで酵素ダイエットをする場合、酵素数ができるだけ多い製品を選ばなければ酵素ダイエットの意味がなくなります。

市販の酵素製品で酵素数が最も多いのはベルタ酵素です。

酵素ダイエットがリバウンドしにくい理由

ダイエットに失敗する原因のほとんどはリバウンドです。体重を一時的に減らすところまでは誰でも成功できますが、問題は減らした体重を維持できるかどうかです。

酵素ダイエットはリバウンドしにくいダイエット方法です。その理由は、酵素ダイエットが代謝を上げるダイエット方法だからです。

酵素ダイエットは置き換えや断食の効果で痩せるようなイメージがありますが、酵素を補うことによる代謝アップ(エネルギー消費量の増加)の効果も痩せる理由の1つです。

代謝アップの効果は体重を減らす時にも役立っていますが、ダイエット後のリバウンドを防ぐ時にも役立っています。

もちろん、補う酵素数が多いほど代謝が大きく上がるため、酵素数が多い酵素製品で酵素ダイエットをする方がダイエット後のリバウンドも防ぎやすくなります。