フルーツの酵素ダイエットは効果なし

フルーツで酵素を補うダイエットをしても痩せる効果はありません。なぜなら、フルーツの場合は酵素を補う以上にダイエットにデメリットが多いからです。

なぜフルーツを食べる酵素ダイエットをしても効果がないのかを解説します。

フルーツには痩せる種類の酵素がない

フルーツを食べてもダイエットに関係する酵素を補うことができません。言い方を変えれば、フルーツには痩せる酵素が含まれていないのです。

フルーツにダイエットに関する酵素が含まれていない理由は明白です。未だかつてフルーツを食べて(フルーツの効能で)痩せた人が一人もいないからです。

確かにりんごダイエットなどの単品ダイエットで痩せる場合はあります。ただし、リバウンドで体重を戻す人がほとんどですが・・・

単品ダイエットで痩せた理由は摂取カロリーが低く抑えられたからです。リンゴばかり食べる、ゆで卵ばかり食べる・・・。

1種類しか食べてはいけないルールだと、吐き気がして嫌気がさして食べれなくなってしまう。だから結果的に摂取カロリーが減って痩せたというわけです。

単品ダイエットの精神的苦痛は並大抵のものではないため、屈強な精神を持つ人以外はやめた後に食べる快楽で精神的に釣り合いをとろうとするので過食に走るようになります。

フルーツは高カロリーである

フルーツは意外と高カロリーです。一般的なフルーツは100g当たり40~50kcalくらいのものですが、例えば小粒のみかん1つの重量は200gです。

小粒のみかんを1つ食べただけなのでカロリーもほとんど摂取していない、と食べた本人は考えがちですが、小粒のみかん1つで80kcalです。5つ食べれば400kcalです。

バナナでもそう。リンゴでもそう。フルーツ全般としてカロリーは高めです。

食事を抜いてフルーツを食べるような、フルーツ置き換えダイエットなら摂取カロリーも抑えられます。

でも食事は通常通りのまま「酵素を摂取するため」と余分にフルーツを食べていたのなら、その数十~数百kcalの余分なカロリーが積み重なって月単位で体重を何キロも増やします。

以上の通りフルーツを食べる酵素ダイエットは、痩せる種類の酵素が含まれていないにも関わらず、カロリーを余計に摂取するので太っていくわけです。

酵素ドリンクの場合は?

まず酵素ドリンクは種類を選べば低カロリーです。酵素を補うことに特化したものなので、1ml当たりに酵素が多量に含まれています。

カロリーの摂取量がフルーツよりも少ないのに、補える酵素の量はフルーツより多量です。

それ以上に重要な点は、酵素ドリンクには良質な酵素が含まれているということです。良質な酵素なのでダイエット効果も十分に期待できます。

しかし、酵素ドリンクにもフルーツ並みに低品質な酵素が含まれるものと、ダイエット効果が高い高品質な酵素が含まれるものがあります。

酵素が低品質か高品質かの違いは、酵素を作る原料と酵素数にあります。

例えば原料にフルーツしか使っていないような酵素は低品質です。フルーツ100%ジュースと大差がないと考えても間違いないでしょう。

逆に野草や野菜を主に使っている酵素は高品質です。酵素を生み出す原料の効能というものもあるので、野草や野菜が使われているかはかなり重要な要素です。

次に酵素数に関してですが、酵素数が多い酵素ドリンクほどダイエット効果が高くなります。

食生活で健康を保つためには「1日30品目以上の食品を食べましょう」という話を聞いたことがあると思います。

どれだけ体に良い食品であっても、1品だけしか食べないと特定の栄養素ばかりに偏ってしまうのです。多種類の食品を幅広く食べれば全ての栄養素を平均的に摂取できます。

これと同じことが酵素にも言えます。ある特定の効果を持つ1種類の酵素ばかりを多量に摂取しても、その特定の効果しか生み出さないのです。

しかし100種類の酵素を一度に補った場合、それぞれの酵素の欠点を補い合って相乗効果を生み出します。その相乗効果があってこそ、酵素らしい効果を実感できるようになるのです。

ベルタ酵素は酵素数が508種類であり、市販の酵素製品の中では酵素数が最も多いです。また、酵素の原料も野草や野菜を中心に使っています。

この2つの理由があって、ベルタ酵素のダイエット効果は市販の酵素製品の中では最大級になっています。