酵素サプリで痩せない理由

酵素サプリをダイエットのために飲んでいるけど、ほとんど痩せないし効果を実感できない・・。実は酵素サプリは痩せない製品が多いのです。

では、生酵素サプリなら吸収されやすいので効果が高いのでしょうか。また、消化酵素サプリなら普通の酵素サプリよりもダイエット効果が高いのでしょうか。

生酵素サプリだと効果がある?

生酵素サプリは体に吸収されやすい酵素でダイエット効果が高そうなイメージがあります。しかし、実際に飲んでみると期待した効果を得られない場合も多いです。

真実を言えば、酵素は生の状態でもそうでなくても効果に違いはありません。

それより、酵素の効果を左右するもっと大きな要因があります。

消化酵素サプリは意味がない

消化酵素サプリの実演動画で、濁った液体を透明にするといったものがあります。濁った液体に消化酵素サプリを入れると透明になるのですごい効果があるように錯覚します。

しかし実際のところ、ダイエットに関する効果はないと考えて差し支えありません。

消化酵素サプリは言い換えるなら、効果の弱い胃薬と同じです。確かにある種の食品を消化させやすい形に変質させる効果はあるのですが、それとダイエット効果は全く別の話です。

胃薬を飲んでもダイエットに役立たないのと同じで、消化酵素サプリを飲んでも胃の負担を減らす効果はあっても痩せる効果はありません。

酵素の効果を左右する要素は?

酵素にはダイエットに効果がある種類のものとそうでない種類のものがあります。消化酵素サプリはダイエットに効果がない典型的な酵素です。(消化の手助けはしますが・・)

ダイエット効果がある酵素の種類とは、代謝を上げる種類の酵素です。

実際には代謝酵素という明確な1種類の酵素があるわけではなく、体の代謝機能の主力的な役割を担っている細胞小器官のミトコンドリアが必要とする酵素を補うのが酵素ダイエットの本質です。

体のエネルギーはミトコンドリアが生成していますが、ミトコンドリアはリアルタイムで酵素反応を繰り返してエネルギー代謝を行っています。

ミトコンドリアが必要とする酵素は単一ではなく複数なので、酵素数が多い酵素サプリでなければダイエット効果を期待できません。

しかし酵素サプリには重大な欠点があります。

その欠点とは、酵素サプリで補える酵素の量が少ないことです。

いくら酵素をサプリに凝縮したとはいえ、酵素サプリは小さい粒です。これを数粒飲んでも酵素の必要量を補うのは難しいのです。

酵素ダイエットで効果を得るためには、酵素ドリンクで多量の酵素を補う必要があります。

ただ、酵素サプリに全く効果がないわけではありません。酵素の含有量は少ないけど、全く酵素を含んでいないわけではないからです。

だから、酵素サプリは酵素ダイエットの補助的な役割を担うもの(旅行中に持ち運んで手軽に酵素を補いたい場合など)です。

家で本格的に酵素ダイエットをするなら、酵素量が豊富な酵素ドリンクを選択するべきです。

また、酵素ダイエットの効果は酵素数に比例する(酵素数が多いほどダイエット効果が大きい)わけですが、市販の酵素製品で酵素数が一番多い製品はベルタ酵素です。