酵素ドリンクはなぜダイエットに効果がある?

酵素ドリンクには体の代謝量を上げるというダイエット効果がありますが、なぜ酵素ドリンクを飲むと代謝が上がるのでしょうか?

また、酵素ドリンクのダイエット効果を決定するのは主に酵素数です。

酵素ドリンクがダイエットに役立つ理由について解説します。

代謝酵素が消費カロリーを増やす

酵素ドリンクを飲むと体に代謝酵素を補えるため、体の代謝量が上がって消費カロリーが増えます。ダイエットで最も重要なのは体の代謝量です。

短期的な視点で見ると、食事制限すれば誰でも一度は体重を減らすことに成功できますが、長期間に渡って減らした体重を維持し続けることが最も難しいです。

簡単に言い換えると、ダイエットに失敗する原因のほぼ100%はダイエット後のリバウンドにある、ということです。

なぜダイエット後にリバウンドするのかというと、食事制限で食べないダイエットをしたため体の代謝量が低下したからです。

食事制限をすれば必ず体の代謝量は低下します。そこで、酵素ドリンクを飲むことで体に代謝酵素を補うことが重要なのです。

酵素ドリンクでダイエットをすればリバウンドする確率が低下します。

短鎖脂肪酸にもダイエット効果がある

酵素ドリンクには短鎖脂肪酸という成分も含まれていますが、この成分にも体の代謝を上げる効果があります。

短鎖脂肪酸とは酵素ドリンクを発酵処理する時に、乳酸菌によって生成される成分です。

短鎖脂肪酸を摂取すると、体の交感神経にあるGPR41を活性化させます。GPR41が交感神経を活性化させることで体の消費エネルギーが増大します。

ダイエット効果は酵素数が関係

どの酵素ドリンクもダイエット効果が同じだというわけではありません。

酵素ドリンクは基本的に体に代謝酵素を補うために飲むものです。代謝酵素を補うことで「体の消費カロリーを増やす」というダイエット効果が生み出されるからです。

そこで重要になってくるのが酵素ドリンクに含まれる酵素数です。酵素数が多い酵素ドリンクほど代謝酵素をたくさん補うことができます。

酵素数が最も多い酵素製品はベルタ酵素です。現時点では、ベルタ酵素が一番ダイエットに効果がある酵素製品だと言えます。