カロリー計算だけのダイエットは失敗する

カロリー計算がダイエットの全てではありません。ダイエット効果に関与する要素はカロリー計算の他にも、体の筋肉量の維持、体内酵素量の維持など数多いです。

これら、体の筋肉量と体内酵素量は基礎代謝に関わってくる要素です。ダイエット後に多くの人はリバウンドしますが、これは基礎代謝を低下させてしまったからです。

食事制限中はたんぱく質をしっかり摂らないと、体の筋肉量が減っていき基礎代謝が悪くなります。また、食事量が減って補う酵素の量が減った場合も基礎代謝は低下します。

その結果、食事の量を減らしても思うように体重が減らなくなるのです。

ダイエットにおいて低カロリーだけにこだわりすぎると、必要なミネラルやビタミンも補えません。その結果、新陳代謝が悪くなり、お肌がカサカサになります。

そして炭水化物を減らすと頭の働きが悪くなり、仕事にも影響がでてきます。

低炭水化物ダイエットは頭の回転を鈍らせるだけでなく、最も健康状態を悪化させるダイエット方法の1つでもあります。

また、油や脂肪を多く摂取するような食事制限もダイエットにはマイナスです。

炭水化物さえ抜けば肉や揚げ物は食べ放題という低炭水化物ダイエットですが、実は揚げ物などで摂取する油のカロリー、肉で摂取する脂肪のカロリーはそのまま体脂肪となって体に付いています。

低炭水化物ダイエットで痩せている人の場合、ご飯を完全に抜いているので、肉を食べつつも1日総摂取カロリーは低めであった、という理由があります。

また、たんぱく質は食事誘導性熱生産による消費カロリーが高い栄養素なので、摂取カロリーの比率でたんぱく質の割合が多かったから痩せたという可能性もあります。

いずれにせよ、炭水化物を抜くことが、直接のダイエット効果につながるわけではありません。

また、必死にカロリー計算して減らした体重も、ダイエットをやめた後にリバウンドする可能性は高いです。事実、ダイエット後にリバウンドする人が大半です。

ダイエット後の体重維持に失敗して以前より体重が増えると、ストレスも溜まってきます。このストレスが過食の原因へとつながり、精神的な理由からも前より痩せるのが難しくなります。

ダイエットと言えばとにかくカロリーを減らすことばかりにこだわるのではなく、いろいろな食材をバランス良く食べるようなダイエットを実践してみましょう。

ごはんとおかずは毎回の食事で食べても急に太ることはありません。

焼き魚、冷ややっこ、おから、蒸した赤身肉の料理、色の濃い野菜、お味噌汁など和食を中心にして、よく噛んで食べると面倒なカロリー計算をしなくても満腹感を感じて、どか食いしなくてもよくなります。

バランスがいい食事を続けながら、日常の生活で階段を上ったり、いつもより少し多く歩いたり、窓ふきや床掃除をしたり自然に体を動かすことを取り入れてみましょう。

体を動かすことで、筋肉がついて基礎代謝が上がり、痩せやすい体質にも一歩近づけます。

ダイエットはカロリー計算だけにこだわるべきではなく、食事メニューや摂取する栄養素の工夫にこだわるべきなのです。