低カロリーの食事だけでは痩せない

低カロリーを意識した食事制限だけでダイエットがうまくいく、と考えている人は多いです。しかし、ダイエットは低カロリーな食事だけで成功できるものではありません。

確かに、低カロリーな食事を続ければ、その分だけ摂取カロリーが減ります。また、体重も摂取カロリーを減らす分だけ落ちていきます。

しかし、人間の体はそれほど単純なものではなく、安定してダイエットを成功させたいなら栄養バランスもしっかり考慮する必要があるのです。

人間の体は必ず一定量の炭水化物を必要としています。

なぜなら、人間の脳はブドウ糖を消費して日々機能しており、ブドウ糖の材料である炭水化物が無くてはならない存在だからです。

よく「ダイエットで炭水化物は太る原因だから炭水化物を抜きましょう」ということを平気で主張している評論家がいますが、そういった言葉に惑わされてはいけません。

炭水化物は適量を摂らないと、人間の脳の満腹中枢は刺激されません。

炭水化物が少ない食事ばかりを食べていると、食事中に満腹感を感じにくいのでたくさん食べてしまうばかりか、食後にも満腹感が持続しません。

いずれ精神的ストレスが爆発して過食に走るか、間食をやめられなくなって太ってしまうかのどちらかです。

また、炭水化物が体内に入ってこないと、体は筋肉(アミノ酸)からブドウ糖を合成しようとします。

これが体の筋肉量の減少を招いて、その結果太りやすい体になるのです。

そのため、炭水化物を抜いた低カロリーの食事は続けてもストレスが溜まる一方であり、太りやすい体を自ら作り出しているにすぎないのです。

これらの問題を解決するには、低カロリーかつ炭水化物を最低限摂取した食生活に改善することが必要になります。

話は変わりますが、断食道場で断食する場合は、ダイエットの成功や健康維持のために酵素ドリンクを飲みます。

これは、必要最低限の炭水化物を確保する、という意味も含まれています。断食後の異常な食欲(過食症)を防ぐという意味があるわけです。

もちろん、体に酵素を補うことで基礎代謝を上げ、カロリーを消費しやすい痩せやすい体にする、という意味が含まれているのは言うまでもありません。