置き換えダイエットでリバウンドを防ぐ方法

置き換えダイエットはダイエット方法の中ではかなりポピュラーなものであり、一度はやったことがあるという人も多いでしょう。

ところが置き換えダイエットに成功した後、減らした体重を元に戻してしまうことも多いです。置き換えダイエットに最もありがちなパターンですね。

なぜ置き換えダイエットはリバウンドで失敗するパターンが多いのでしょうか。また、置き換えダイエットに完全に成功するにはどうすればよいのでしょうか。

置き換えダイエットは1日3食のうち、1食あるいは2食をダイエット食品に置き換えてカロリーダウンをする方法です。

クッキーやスープ、ゼリー、シェイクなど色々なものがあり、味や腹持ちなども工夫されています。

朝よりは昼、昼よりは夜ご飯をダイエット食品に置き換えることで、比較的多くの摂取カロリーを減らすことができます。夜ご飯の方が摂取カロリーが多くなりがちだからです。

特に運動をしなくても、置き換えダイエットで摂取カロリーさえ減らせば、個人差はありますが体重は減ります。

三日坊主にならない限り効果を実感できる可能性は高いでしょう。

ただ、一度は成功しても、減らした体重をキープするのはかなり困難です。

なぜなら、置き換えダイエットのような摂取カロリーを減らすタイプのダイエット方法はリバウンドする確率が高いからです。

置き換えダイエット後のリバウンドによる失敗を防ぐためにはどうしたらいいのか、その答えは太らない体を作ることです。

そこでキーワードになるのが、基礎代謝というよく耳にする言葉です。

人間は寝ているだけで動かずにいたとしても、呼吸をしたり内臓を動かしたりするなど、生命維持のためにエネルギーを使い続けています。

これが基礎代謝なのですが、基礎代謝による消費カロリーが低下すると、脂肪をためこみやすい痩せにくい体になってしまうのです。

基礎代謝は運動や食生活で上げることができます。

特に脂肪をよく摂取する現代人の場合、食事メニューで酵素を含む食品が少なくなりがちです。

酵素の摂取量が減ると代謝機能を円滑に運ぶ体内酵素の量が不足してしまい、太りやすい体質になりなってしまうのです。

酵素はもともと体内にあって、脂肪と糖を酸素を酵素反応でエネルギーに変換するなど、代謝機能に大きく関わっています。

置き換えダイエットはダイエットシェイクのようなものではなく、酵素を含む酵素ドリンクで行った方が、置き換えダイエット中の基礎代謝の低下を緩和させることができます。

一時的に体重を減らすことだけではなく、基礎代謝を低下させないような体質改善もダイエットの成功には必要なのです。