置き換えダイエットを成功させるコツ

置き換えダイエットを始めようと思っている方へ、まず最初にあなたが美味しいと思える食品に置き換えることが大切です。

食べてストレスが溜まるものは続けるのが嫌になります。

置き換え食品を選ぶ場合は、カロリーが低いものがちょうどいいです。あまりにも高カロリーなものに置き換えると普通の食事と同じになってしまいます。

また、置き換える食品が満腹感のないものだと、すぐにお腹がへって失敗してしまいます。食べた後にすぐ食事や間食をしたのでは意味がありません。

スイーツのような味の置き換え食品はダイエットシェイクです。グリーンスムージよりも満腹感があり、ダイエット中も甘いものが食べれるのでストレスは溜まりにくいです。

ただ、ダイエットシェイクは粉っぽくて飲みにくかったという口コミも頻繁に見られますので、最初は少しだけ購入して様子見した方がよいかもしれません。

満腹感のある置き換え食品は、おかゆ、豆乳クッキー、リゾットです。朝食で食べて、お昼までお腹が減らなかったという口コミも多いです。

ただし、豆乳クッキーはよく噛んでお水をたくさん飲みながら食べた方がよいでしょう。1食分では満足できず、数食分をいっぺんに食べてしまったという口コミも多いからです。

置き換えダイエットは朝、昼、夜のどれか1回を最初のスタートにします。

実践者の口コミでは、朝が一番やりやすかったと聞きます。あなたに合えばどのタイミングでもかまいません。

置き換えダイエットに成功するコツは、だらだら食べないことです。

テレビを見ながら、音楽を聴きながらなんとなく食べるよりも、食事の時間を規則正しくして3食を摂っている方のほうがダイエットに成功しやすいです。

置き換え食品として最も相性がよいのは酵素ドリンクの炭酸水割りです。

酵素ドリンクには酵素が豊富に含まれており、基礎代謝を上げてカロリーを消費しやすく痩せやすい体質を築く効果を期待できます。

また、酵素ドリンクは炭酸水割りで飲むとかなりの満腹感を得られます。朝に1杯飲むとお昼までは十分に満腹感が持続します。

酵素ドリンクの痩せやすい体質を築く効果と腹持ちの良さが、置き換えダイエットの代表的な欠点(基礎代謝が低下すること、満腹感を得られにくいこと)を補うわけです。