過食を克服する方法

どうすれば過食を克服できるのでしょうか。ダイエットの天敵は「過食」であり、この過食と向き合いどう対処していくのかがダイエットを成功するか否かの鍵です。

ダイエットというのはどうしても食べたいという誘惑に勝たなければ継続して続けることができませんし、痩せることもできません。

ダイエットで成功するには運動よりも食事をいかに意識するかによって成果が変わってくるのです。

運動をたくさんしても食べる量を変えない限り、大きな変化は訪れません。なぜかというと、運動で消費できるカロリーというのは、たかが知れているからです。

よく運動をして痩せましょうというやり方がダイエット本で紹介されていますが、運動でみるみる痩せるほど人間の体は単純じゃありません。

運動しても消費できるカロリー量は運動する内容にもよりますが、そのほとんどが1時間も運動を継続してやっと100kcal(軽い運動)~400kcal(激しい運動)程度にすぎません。

例えば、体重60キロの人が急ぎ足のウォーキングを1時間行った場合は145kcal、ジョギングを1時間行った場合は378kcalです。

当然、30分しか運動を行わないなら、消費カロリーは上記の半分になります。ウォーキングなら72.5kcal、ジョギングなら189kcalですね。

ジョギングを30分したとしても、お腹がすいてコンビニのおにぎりを1個食べたら運動で消費したカロリーと全く同じだけカロリーを摂取してしまうのです。

多少運動を頑張ったとしても、一日の食事を少しオーバーしただけで、せっかく運動した分の消費カロリーが水の泡になってしまうわけですね。

また、過剰な運動は食欲を旺盛にさせてしまい、運動をすればするほど過食を我慢するストレスが更に増大してしまうのです。

それだけ、運動だけで痩せるのは難しいことなのです。

運動はヨガやストレッチ、軽い筋トレ程度に止めておき、私達のような一般人がダイエットで痩せるためには、食事をいかに意識するかが重要なのです。

しかし、食事制限と言っても難しいことをする必要はありません。

普通は食事制限と言えばご飯を抜いたり、食事をダイエットドリンクに置き換えたりする方法が主流です。

このような普通の食事制限の場合、食事制限の途中でお腹がすいて辛い思いをしたり、苦労して痩せた後に体重を戻してしまう場合が多いです。

でも、酵素ドリンクに置き換える酵素ダイエットならそれほど辛くもないし、普通に食事制限を行うよりも早く痩せることができます。

成功しやすい酵素ダイエットの方法は、美味しくて飲みやすい酵素ドリンクを炭酸水割で飲むことを基本とし、ダイエット方法は朝食置き換えを行うことです。

酵素ドリンクでも味が美味しいものはおやつ感覚で飲めますし、炭酸水割なら腹もちが良くなります。朝に1杯飲めば、昼食までにお腹がすくことはほとんどありません。

この朝食置き換えだけで、600kcalくらいのカロリー制限ができます、ジョギングに換算すれば、1時間45分をぶっ通しで走り続けたのと同じだけのカロリー制限に匹敵します。

ちなみに、体重60キロの成人女性の1日消費カロリーは2279kcalくらいが標準であり、単純に3で割ると(1食分の食事で換算すると)760kcalになります。

かなり基礎代謝が低下して1日消費カロリーが2000kcalに落ちていた場合でも、1食分の食事で換算すると666kcalになります。

1杯60kcalの酵素ドリンクに置き換えれば、600kcalのカロリー制限は十分にできる計算になります。

最初から朝食置き換えを行うのが難しい場合、まずはおやつを酵素ドリンクに置き換えるおやつ置き換えダイエットから始めてみてください。

おやつでカロリーを多く摂取していた人の場合、おやつ置き換えだけでもかなりの成果を出すことができます。

過食気味の方にとっては、酵素ドリンクの置き換えダイエットが難しいとの印象を持つかもしれません。

だけど、酵素ダイエットの良いところは、胃に固形物を入れないというデトックス効果で、心地よい空腹感を感じられることです。

その心地よい空腹感に加え、炭酸水割で飲むと空腹もかなり抑えられます。

そして、脳が矯正された食生活にだんだんと馴染んでいき、無駄な暴飲暴食の欲求も自然と治まってくるはずです。

始めのうちは辛いかもしれませんが、痩せたいと本気で思っているのなら酵素ダイエットに挑戦してみてください。