酵素ファスティングの落とし穴

酵素ファスティングとは、食事を酵素ドリンクに置き換えて普通の食事を摂らないこと、つまり断食するダイエット法です。

海外ではダイエットにとどまらず一種の治療法として広まっており、専用のクリニックも多数存在します。そんな美容と健康がつまったダイエット法についてご紹介します。

そもそも酵素ドリンクとはなんでしょうか?

私たちの体は食べ物を消化し、栄養素を吸収することで成り立っています。

これらの働きは胃腸などの消化器官で行われますが、この消化活動になくてはならない体内成分の1つが酵素です。

また、酵素は消化活動だけでなく、体内におけるあらゆる生命維持活動で必要な成分です。

例えば、美容においては肌のターンオーバーにも必須の体内成分です。それゆえ、酵素を補うことで、肌のターンオーバーが関係する美肌効果を期待できます。

もちろん、酵素はあらゆる生命維持活動に必須の体内成分なので、エネルギー代謝においても必須の成分です。

詳しく書くと、人間の体にある約60兆個の細胞内に存在するミトコンドリアが、体脂肪と酸素を原料としてATP(生体のエネルギー源)を生産する時に酵素が必須となります。

体内の酵素は加齢によっても徐々に減っていきます。

そして、酵素が減ると体内の代謝活動ができにくくなってしまい、その結果、痩せにくくなったり体の不調が起こります。

そこで酵素ドリンクの出番です。

酵素ドリンクは、沢山の野菜・果物・海藻・野草などからその栄養素だけを抽出して熟成発酵させたもので、生命維持に必須の酵素を効率よく補えるものです。

ただし、市販の酵素ドリンクの中には、酵素数が極端に少ないものがあります。

必須アミノ酸が体内で作り出せない成分だから補う価値があるように、酵素にも特定の代謝活動に必須の種類が存在しています。

酵素数が少ない酵素ドリンクの場合、この必須酵素が入っていなかったりします。

このような効果の低い酵素ドリンクは、逆に飲んでカロリーを余分に摂取した分だけ太った、なんてこともあり得るので、酵素ドリンクの選択には十分注意が必要です。

酵素ダイエットは断食と組み合わせることによって胃腸が休まり、体内のデトックス効果も期待できるわけですが、断食は最高でも2、3日を限度にしてください。

できれば、酵素ファスティングよりも、1日1食を酵素ドリンクに置き換える緩いダイエットの方が体への負担が少ないのでおすすめです。